ダール・エ・リボ!

こんにちは、沼田です。

今日は先輩が、こんなワインを開けてくれました(>_<)


クローズ・エルミタージュ・カリエール 2007年

生産者はローヌの自然派生産者ダール・エ・リボです。
価格は¥5,250

昨年生産者ディナーで味わったワインだったのですが、イメージは変わらず(^-^)

カリエールと呼ばれる白い石がゴロゴロところがる土壌から造られ、シャープなミネラル感と、カリンや甘夏を思わせる柑橘系の風味が魅力。

濾過も清澄もしていないので、瓶底に澱がかなり出ています。
マルサンヌ種100%を自然に造るとこんな不思議な味わいになるんだ。
・・・と、勉強になったんだかならないんだか(^_^;)

こんなワインはなかなか無い、楽しい経験でした。

生産者ディナーだと、エスカベッシュ(日本で言うと魚の南蛮漬け)かなんかと合わせてましたが、かなりのマリアージュ!

このダール・エ・リボのサン・ジョセフ・ブランも秀逸!
ローヌは今、『白ワインが熱い!』かも?
しれません。

ではまた。