ドメーヌ・ディディエ・ダグノーの2009年が入荷しました!!

 皆様こんにちは、沼田です。

1月に入り仕事も落ち着いてきた所で、新しいワインもたくさん入荷してきています。

今日はその中から、誰もが待っていた待望のドメーヌ「ディディエ・ダグノーの2009年」をご紹介します!

故ディディエ・ダグノーと一緒にに2004年から栽培、醸造に関わり、研鑽を積んできた息子ルイ・バンジャマン・ダグノー。
現在はディディエの意思を継いだ醸造チームと共にワイン造りを行っています。
その経歴、修行してきたドメーヌは圧巻で、ラングドック地方のトップ中のトップ生産者オリヴィエ・ジュリアン、アルザス地方のツィント・ウンブレヒト、ロワール地方のフランソワ・シデーヌなど、偉大な醸造家に学んできました。

ディディエが仕込んだ最後の年2007年、そして2008年のワインも飲みましたが、どちらもドメーヌ・ディディエ・ダグノーの力強さと骨格のある味わいがあり、まさにダグノー味!

2009年はどのような味わいとなっているのか、見ているだけで涎が出ます・・・。


中にはこんな超レア品も極々少量入荷・・・とは言え売れる本数は無いのですが(汗)

サンセール・ル・モン・ダネ 2009年
サンセールを代表する急斜面、モン・ダネのソーヴィニヨン・ブランを使った逸品!
知る人ぞ知るロワール最高峰のソーヴィニヨン・ブラン。

2008年までのラベルではひらがなで「レ モンダネ」など遊び心がありましたが2009年は真っ黒ラベル、このあたりはルイ・バンジャマン氏のセンスでしょうか?

それでもやはり気になるのはシレックス(15,500円)、とは思いますが、ピュル・サン(12,800円)ブラン・フュメ・ド・プイィ(9,100円)も間違いなく旨い!
ロワールの超人気生産者であるダグノーの2009年、数に限りがございますので、気になる方はお問い合わせください。


それともう一つ、ダグノーが造る甘口白ワイン!

ジュランソン・レ・ジャルダン・ド・バビロン!
ボルドー地方の南、南西地方で生み出すフランス最高の白ワインの一つ、ジュランソンです。

「バビロンの庭」と名づけられたこの甘口白ワインは、ディディエと30年来の付き合いがあったギィ・ポトラ氏が造り上げたデザートワイン。
風味は違えどボルドーのソーテルヌに匹敵する出来!
究極まで煮詰めたパイナップルや柑橘系の濃い味わい、香りはパッションフルーツのようにとても華やかで酸味もあり、濃くても飲み疲れしない、癖になる味わいの甘口白ワイン。

価格も高いのでかなりのワイン通向けですが、甘口ワイン好きであれば一度は飲んでおきたい憧れのデザートワインでしょう。

現在在庫があるのが2006年と2007年、どちらも13,900円の超特価で販売中です!



 ドメーヌ・ドニ・モルテのアルノー氏、ドメーヌ・コシュ・デュリのラファエル氏、そしてドメーヌ・ディディエ・ダグノーのルイ・バンジャマン氏など、これからのワイン史を背負う新世代の造り手のワイン、これからも楽しみです。