生産者訪問~DOMAINE TRAPET PERE ET FILS~

こんにちは 木嶋です。

旅もいよいよい大詰め。
ゴールが見えてきました。

このドメーヌは2009年ヴィンテージで大きく注目された生産者の一人!
DOMAINE TRAPET PERE ET FILS

トラぺP&Fの「シャンベルタン・グランクリュ」
エマニュエルルジェ クロパラントゥや
ジョルジュルーミエ ミュジニーを超える評価を獲得し
ファンを驚かせた一本!

過去のメルマガを参照してください
当店の在庫など・・・
http://www.partywine.com/shop/goods/search.aspx

当主 ジャン・ルイ・トラぺ氏は根っからの農民。
昨年も訪問させていただいた際は、
「天気が良くて、葉の成長がはやいから畑に出る」といってお会いできなかったくらい。



ワインについて熱く語るトラぺ氏
話がとにかく哲学的で、
2010年の作柄を話していたはずが
天体などの話になってしまいます。

ご存知の方もいらっしゃいますが
自然派ワインの生産者さんです(ワインは透明感があって独特の香りはなく美味しいです)



試飲風景など。



樽からマロラクティック醗酵が終わったばかりのワインを試飲した後、
瓶詰めされたばかりの2010年の全てのラインナップを試飲。

生産量が極端に落ちたという残念なニュース以外は素晴らしい。
暖かい年のチャーミングさと、
ブルゴーニュらしいエレガンスを持っているヴィンテージ!

本人も大満足なヴィンテージだそうです。
昨年2009年も同じ状況で試飲させていただきましたが
ブドウの凝縮度、酸味の程よい切れなどがあり
そういわれると2009年は
ふっくらしすぎているなぁという印象!

入荷が楽しみです。
(出発前はマルサネ2010年が数本お店にあったはずなので、探してみてください、売り切れていたらすいません)

そしてシャンベルタンまで試飲が終わったころに奥さま登場!



当店でも年々ファンが増えている トラぺP&F のアルザスシリーズ。

奥さまの実家がワイナリーを経営していたのですがご両親がリタイアされた際に
トラぺさんが後を継いだそうです。

なのでブルゴーニュの生産者さんとしては珍しいブルゴーニュ&アルザスという二足の草鞋

どのワインにも透明感と安らぎがあります。

最も親近感を覚えるベブレンハイム・リースリング、ベブレンハイム・ゲヴェルツトラミネールに加え、土地の個性を大きくあらわすグランクリュの存在。

グランクリュと言ってもめちゃくちゃ高価ではないので
一度は試してください(といっても数量が僅かで、店舗にも12本未満のアイテムばかりですが)



品種の個性、畑の傾斜や風の流れ、土壌など
航空写真をみながら説明してくださいました。

熱い御夫婦で
この旦那に、この奥さん! って感じです。

平日はブルゴーニュで、週末はアルザス という本当にワインしか作っていない生活がたまらなく楽しいようです。


日本未入荷の商品も含め 
ドメーヌで過ごした時間は③時間
約30種以上のアイテムを試飲しましたが
本当に素晴らしかった。

次回は是非アルザスのドメーヌを訪問させていただきたいですね。