本日3月10日(日)の有料試飲は!アルマヴィヴァ2001年と2010年の比較試飲です(^0^)ノシ チリ産カルトワインの先駆け、どう成長してるのでしょうか。

おはようございます、沼田です。

何だかここ3日ですっかり春になりましたね、梅も咲き始めました(^0^)ノ

さてさて、昨日の【PARTY格付けチェック】、正解率が37%だったかな?

皆様オリーブオイルで間違えたみたいですね、なんて、私も間違えましたが・・・(゜血゜;)ゲフッ!


という訳で、今日は何やんだ・・・と。

え~3月10日(日)は『チリ産カルトワインの先駆け、アルマヴィヴァ比較試飲』です!

・エプ 2009年
・アルマヴィヴァ 2010年
・アルマヴィヴァ 2001年

上記3杯セットで2,000円(^-^)ノシ

アルマヴィヴァは、ボルドー第1級シャトーのムートン・ロートシルトを運営するバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとチリの大手ワイナリー、コンチャ・イ・トロが共同で生産するワイン。

私がワインを勉強し始めた頃に流行っていたのを思い出します(^^)
今飲むとどう感じるんでしょうか、楽しみです!

本当に天気が良くて散歩日和、恵比寿でプラプラ、ご来店お待ちしております。