今週末6月22日(土)の有料試飲は!【サルヴィオーニ飲み比べ】です(^0^)ノ ロッソ・ディ・モンタルチーノ2011年とブルネッロの2007年&2008年の比較試飲!楽しみです(^^)

おはようございます、また台風が近付いているみたいですね・・・雨は嫌いです、沼田です。

今週末6月22日(土)の有料試飲はコチラ↓↓↓

【ラ・チェルバイオーラ サルヴィオーニ飲み比べ!】です(^0^)9

・サルヴィオーニ ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2011年
・サルヴィオーニ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2008年
・サルヴィオーニ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2007年

上記3杯セットで2,000円(>_<)ノ

ブルネッロ最高の生産者と評されるサルヴィオーニ、ブルネッロの垂直試飲は気になる方も多いのではないでしょうか?


~簡単に説明↓↓↓~
モンタルチーノの東側に位置する「ラ・チェルバイオーラ」で、ジュリオ・サルヴィオーニ氏は、1985年にワイン造りを始めました。

所有する畑は小さく、年間生産量も年によってまちまち。その中で、徹底的に収量を落とし果実を凝縮させる栽培法をとることで傑出した品質を実現させました。

畑は僅か4ha!この「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」と、セカンドラベルの「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」両方あわせても、生産本数はごくわずか。

映画監督のフランシス・コッポラ、オペラ歌手のアンドレア・ボチェッリなど、その顧客リストには一流の文化人が名を連ね、たびたびワイナリーを訪れています。

クオリティの高さと、需要の大きさから、常に「幻のブルネッロ」として入手困難なサルヴィオーニ氏のブルネッロ。

「ブルネッロ」としての風格は、他のワインと一線を画していますが、そのワインを飲むとどこか「大地の力強さ」、そしてオーナーであるサルヴィオーニさんの「優しさ」を感じます。

ん~、新しく入荷したロッソ・ディ・モンタルチーノの2011年、今飲んでどこまで美味しいのか、気になりますね~(^0^)

皆様のご来店、お待ちしておりま~す♪♪

http://www.partywine.com/shop/g/g000000000000525/