土曜日の試飲はリオハのクネが手がける「王のワイン」バックヴィンテージ飲み比べ!

こんにちは、WINE MARKET PARTYの井之川です。

11/7土曜日は恵比寿ガーデンプレイス冬の名物、 バカラシャンデリア の点灯式が予定されていて楽しみなところです!
さてその当日の試飲のご案内ですが、、
→今注目されているリオハの生産者、C.V.N.E クネ!
数量限定のグラン・レセルヴァ、バックヴィンテージ3種類セットで2500円の試飲となっております。


【各約30mlずつ】
■Vina Real Gran Reserva 1988     14,000円
■Vina Real Gran Reserva 1985     17,000円
■Vina Real Gran Reserva 1978     20,000円

気になるヴィンテージはございますでしょうか??

葡萄品種はリオハといえばテンプラニーリョ!そこに半分近くガルナッチャをブレンドし
グラシアーノと、マスエロを加える事で、タンニン感と酸を出し長期熟成向けに仕上がります。
フランスボルドーやブルゴーニュの熟成ワインとはまた違った複雑な味わいを楽しめます。

~C.V.N.E クネ~ 1879年にReal de Ausa (レアル・デ・アウサ)兄弟により創立。
アロ村を本拠地とし、リオハ・アルタとリオハ・アラベサ地区に3つの
ワイナリーを所有しています。(クネ、ビーニャ・レアル、コンティノの3つ)
それぞれがテロワールの違いを如実に現しています。

「ビーニャ・レアル」が位置しているリオハ・アラベサはエブロ河の左岸、バスク州に属するアラバ県にある地区で、
ぶどう畑も南向きの高い斜面上にあります。土壌は粘土質と石灰岩で、色濃く、香りが豊かで、果実味の素晴らしい、
若飲みタイプから熟成向きタイプまでの赤ワインが造られます。大西洋気候とカンタブリア山脈の影響を受け冷涼である為、
濃すぎず熟成するにつれ優雅さを感じられるのが特徴。

また、"ビーニャ・レアル"とは「王のワイン」との意味を持ち
国家元首クラスの来賓歓迎食事会の際にも供されている、その名の通りスペイン王室納入ワインです。
130年の歴史と伝統を尊重しつつ、
最新の設備と科学的な研究に裏付けされた栽培、醸造技術を用い 、
最高品質のワインを世に送り出す、スペインを代表するトップワイナリーなのです!

余談ですが・・
ちょうど試飲日の前後、ガーデンプレイスにある某3つ星レストランではクネ社のCEOである
ウルティア氏の来日デイナーが決まっているようで、、 今まさに話題のワイナリーと言えます・・!
バックヴィンテージはミリオン商事さんより限定入荷したものになり、
1978年は既に完売しております。(店舗販売分は1本のみ)

貴重な試飲ですので、是非お越しくださいませ^^