「一級シャトーに近い味がする!偉大な業績である!」とロバート・パーカーJrに言わしめたソシアンド・マレの2001年が限定入荷(゜血゜;;)ノシ これは偉大なボルドーです。

おはようございます、沼田です。

何年か前にも同じように書いたと思いますが、偉大なボルドー、ソシアンド・マレの2001年が数量限定で入荷したのでご案内します!
 
このワインと出会ったのは7年前?
記憶が定かではありませんが、私が姉妹店ラ・ヴィネに在籍していた頃。

同僚の平間さんと、今は神宮前でワインショップを営むウィルトスの中尾さんと仕事終わりに話をしていた時でした。

こんな流れだったと思います↓↓↓(誰が言ったか忘れましたが)

「パーカーが2001年ベタ褒めなんだけど、どう思う?2000年より凄いってw」
『一級シャトーに近い味がするって書いてあるね。本当かよ~(笑)』
【でもパーカーってやっぱり濃いのが好きな印象があるし、自分で飲んでみないと信用できないですよね~。】
「うん、じゃぁハーフがあるから開けようか。」←ここ中尾さん。

と、いう感じでポンと。

我々3人は一級シャトーがまだ12,000円くらいだった時代からこの世界にいるので、ある程度飲めていた世代。

香りでまずビックリ!

「うわ、凄い香り、品があるなぁ。」
『期待できるね。』

口に含んでビックリ!

「これは凄いかも。」
『うん、素晴らしく美味しい!』
【ラトゥールとラフィットの中間?インクや獣の香りがあって、それでいてきめ細かい・・・。】

「な・・・なるほど(汗)」

『パーカーさんに謝らないといけないですね・・・。ブルゴーニュに関しては色々あるけど・・・ボルドーに関しては地球上で一番飲んでるかもしれない訳で。』

「確かにm(_ _)m」

なんて話しをしてました。
それからボルドーに関しては信頼し、本を読みながら色々と勉強させてもらってます。

個人的にインデントなどで案内が来れば必ず仕入れるワインの一つ。

当時はまだ9,500円(税込)くらいだったのですが、あれから7年、周りのワインが必要以上の高騰を見せる中で、このクオリティのワインがこの価格(10,800円(税込))で買えるのは素晴らしいなぁ、と、思います(^-^)ノ

本の右側に付いている染みはその時に開けたコルクの液面側を押し付けた痕w

いつまでも記憶に残っているワインの一つです。

ボルドー好きでなくても、1本、持っておいて損は無いはずです。

それでは(^0^)ノシ


シャトー・ソシアンド・マレ 2001  10,800円(税込)
http://www.sp-mall.jp/shop/g/gW1-000010910718100/