テイスティングバーのメニュー変更しました~。ソムリエ試験の勉強にもどうぞ♪ オススメはファン・フォルクセンが仕込むシャルツホーフベルガーの最高区画ペルゲンツクノップから仕込まれるドイツの“辛口”白ワイン(^0^)ノシ どなたでもお気軽にどうぞ~♪

こんにちは、店長の沼田です。

ムシムシと暑い日が続いており、今日の晩酌は白がいいかなぁ・・・なんて考えながら仕事をしています。

先週もたくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございます。

今日も色々なワインが入荷しており、テイスティングバーも残り僅かの物が多かったので取替えました(^0^)ノシ

まずご紹介したいのがファン・フォルクセンが仕込む辛口のシャルツホーフベルガー。
ドイツ最高の畑としても有名ですが、その中に特別な区画ペルゲンツクノップがあるのをご存知でしょうか?
中央部にある最高の区画、しかも樹齢60年~70年の自根のリースリングが使われています。
こちらが70ml 1,000円。

そしてアメリカからはピーター・マイケルが仕込むバックヴィンテージのソーヴィニヨン・ブラン“ラプレ・ミディ”2002年。
100%樽醗酵ながら強いオークのニュアンスはほとんど感じられないクラシックなワイン。
マロラクティック醗酵はせず、樽発酵&樽熟成8ヵ月。
こちらは70ml 1,500円。

そして個人的に、というか私の妻が好きな生産者J.J プリュムの代表作、ヴェーレナー・ゾンネンウーア 2009年。
1842年にプリュム家の先祖がヴェーレンとツェルティンゲンの真南の斜面の畑に有名な日時計を作ったことから名付けられたというモーゼル最高の区画の1本。
こちらは70ml 800円です(^0^)ノシ

そして噂のカレラが仕込むロゼが70ml 500円。

ワインダイヤモンズさんが仕込む新たな“スペインワイン”から、カーサ・デ・スィのチキティン 2015年、グルナッシュ100%ですがフルーティーでジューシーな1本。
70ml 500円。

ブルゴーニュからはピエール・ネイジョンのジュヴレ・シャンベルタン V.V 2007年は70ml 1,000円です。(こちらはジャック・プリウールのクロ・ヴージョが2007年だったので開けてみました~。)

さらには南アフリカから、ミヤルストが仕込む最高キュヴェ「ルビコン」2009年。ボルドーブレンドの最高峰とも言える1本です。
70ml 600円。

スペイン枠を何にしようか迷い、結局ウニコで有名なボデガス・ベガ・シシリアのバルブエナ 2007年を開けました(^0^)ノシ
70ml 1,500円。

ラ・ヴィネを物色して選んだシャトー・ラ・コンセイヤントの1994年は素晴らしい熟成感、そしてまだまだ生き生き!ポムロル地区の1994年のポテンシャルの高さを味わえます!
70ml 1,800円。

最後は先日までお出ししていたカレラのジェンセンが無くなったので、今度はオーストラリアのグレッツァーが仕込む「アモン・ラ シラーズ」2006年にしてみました!
70ml 1,500円。

以上、先ほどメニューも変更しました~(>_<)ノシ

なかなかバラエティに富んだラインナップかと思います。
皆様のご来店、お待ちしておりますm(_ _)m