ピノ・ネロ100%で造られるトスカーナ最高のロゼワイン!ピノ・ノワール好き、こだわりのワイン会用に1本いかが?

 こんにちは、店長の沼田です。

今回は『今年一番美味しかったんじゃないかな?』と感じているイタリアのロゼワインをご紹介します。

トスカーナ ロゼ.jpg


【ピノ・ノワール100%で造られるトスカーナ最高のロゼワイン!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆カステッロ・ディ・ポテンティーノ リンクリオ ピノ・ネロ  トスカーナ  I.G.T. ロザート 2018  5,184円(税込)
http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000019185
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このワインを輸入しているインポーターさんから「是非とも弊社のワインをワインマーケット・パーティーで取り扱いして欲しいのですが・・・」と連絡があったのが今年の4月頃。

お付き合いの無いインポーターさんにいつも伝えるのは『コスパとかいらないので、一番美味しいと思うワインを持って勝負しに来て!Come on!』と答えるのですが、そこで持ってこられたのがこのロザート。

ほほう、イタリアの、トスカーナの、ピノ・ネロの・・・ロゼ!

攻めてきたな、と、面白そうじゃないか、と、でも色物で珍しいだけのロゼも山ほど飲んできたし・・・・と期待せず、価格も聞かずに飲んでみると。

「なんだコレは!旨い・・・!」と衝撃が走りました。

ピノ・ネロらしい苺やベリーの香りだけではなく、南国のトロピカルフルーツを思わせる華やかさ、十分に熟した果実から造られ、アルコール度数も13.5%あるにもかかわらずそれを感じさせないスムースで滑らかな質感・・・。

今まで飲んできたどのピノ・ノワールのロゼとも違う、独特の風味がありました。

もちろん通常の赤ワインとしてのピノ・ネロも造っているのですが、ロザートはロザート用の20hlのステンレスタンクで発酵後、5ヶ月間熟成。

毎年このロザートは2,400本程度しか仕込まず、2018年は2,318本との事。

造りはできるだけ色を付けない、ピノ・ネロのフリーランジュースのみを用いたフランスではヴァン・グリと呼ばれる製法で造られます。

生産者的にはブラン・ド・ノワールとして仕込んでいるようですが、ブランと言うには色が付きすぎているので、ここでの表記はロザートとしておきます。


詳しい情報は以下に。

~インポーター資料抜粋~

カステッロ ディ ポテンティーノは、トスカーナ州のグロセット県の東側、ウンブリア州境に比較的近いセッジャーノ(Seggiano)という人口1000人ほどの小さな街付近にあるお城で、山に囲まれています。
セッジャーノはフィレンツェからは140km、シエナからは70km、またモンタルチーノから30kmほどに位置しています。
また最近では、Montecucco DOCとなりました。

ポテンティーノ城は海抜350mにあり、トスカーナ州で一番高い山、アミアータ山(1738m)の中腹に位置しています。
盆地のような地形のため夏は暑いですが、夜になると山から風が吹き下ろしてくるため、一日での寒暖の差が非常に大きい地域です。

土壌は火山灰に砂利が混ざっていて、地質学的にミネラル分が多く含まれる土壌となっています。
所有しているのは4ha。
1ha当たりの作付けを5000本以内に収めることで、畑は隅々まで管理されています。
この徹底した生産管理で、ブドウは毎年完熟の時期を見定め収穫されています。

植樹は2000年で、今後のヴィンテージは無農薬のテロワールがますます表現される期待が高まります。

また、生産者が造る年間の総生産量は約20,000本で、産出量を抑えることで満足のいく高品質のワインだけを造り出すようにしています。

また畑は手間を惜しまずに完全無農薬になっており、EUのビオ(Bio)の基準値をさらに下回る二酸化硫黄の数値になっています。

商品名のLyncurio は、神話に出てくる治癒石のリンクスストーンから来ています。
Lyncurioの薄い琥珀色は、お酒の神様「バッカス」の絵画で手に持っていたお酒の色と言われています。

Lyncurioは、ヴァン・グリ(vin gris - 黒ぶどうから造られる白ワイン)と呼ばれるフランスの製法と同じ方式で作った、ピノネロのロゼワイン。

ブラン・ド・ノワールのも言えるこのワインは、エレガントな果実の香りに、夏の果実のナッツのニュアンスがきれいに調和し、ピノノアールの果実味を感じながらもドライで、長く持続する余韻が特徴です。

生産量も、年間たった2,400本しか造られない、貴重なピノ・ノワールのブラン・ド・ノワールです。

以上。


ここ最近、というか、2019年で一番驚いたワインの一つ、おそらくロゼという部門で言えば間違いなくトップ。

一度飲むと誰かに紹介したくなる、本気のワイン。

ピノ・ノワール好きの方へのプレゼントやワイン会で皆を驚かせたい時に使えそうです。

頭の片隅に入れておいてください。

【ピノ・ノワール100%で造られるトスカーナ最高のロゼワイン!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆カステッロ・ディ・ポテンティーノ リンクリオ ピノ・ネロ  トスカーナ  I.G.T. ロザート 2018  5,184円(税込)
http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000019185
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それでは。