20年以上熟成されたカリフォルニアの1997年ヴィンテージ!カレラやリッジ、ニュートンも!限定1本です!

おはようございます、私にワインを教えてくれた最初の上司がニューワールド大好きなソムリエでした、店長の沼田です。

今回はなかなか手に入らない、20年以上熟成されたカリフォルニア、1997年ヴィンテージのワインのご紹介です。

7種類あるのでとりあえず商品だけ羅列してみます。

【22年熟成された、ナパ・ヴァレーのシラー!限定1本!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ジェード・マウンテン シラー ナパ・ヴァレー マウント・ヴィーダー 1997  10,584円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019228

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【シネ・クア・ノンのファースト・ヴィンテージを手掛けた生産者が仕込んだメルロー!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ヘヴンス・ワイン・セラーズ メルロー ナパ・ヴァレー 1997  15,120円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019230

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【カーネロスの覇者が仕込む、22年熟成のピノ・ノワール!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆エチュード ピノ・ノワール カーネロス 1997  17,064円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019227

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【元祖メルローの王者、ニュートンが仕込んだ素晴らしきメルロー!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ニュートン アンフィルタード メルロー  1997  17,064円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019232

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【カリフォルニアを代表するカレラのバックヴィンテージ!!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆カレラ ミルズ マウント・ハーラン  ピノ・ノワール 1997  22,680円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019226

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【激レア!リッジがチャリティー・オークション用に造ったスタンフォード・プログラム!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆リッジ・ヴィンヤーズ スタンフォード・ワイン・プログラム シューヴァバッハ・エステート カベルネ・ソーヴィニヨン 1997  25,704円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019229

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ベリンジャーの125周年を記念して造られた特別な1本!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ベリンジャー ホーム・ヴィンヤード アニバーサリー・ボトル カベルネ・ソーヴィニヨン 1997  31,320円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019231

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1990年頃のカリフォルニアワインからずっと飲んできた個人的な印象ですが、80年代から2000年頃までは「フランスを目指していたスタイル」、2000年から2015年頃までが「果実味を重視した大柄なスタイル」、そして現在はまた「酸を重視したニューカリフォルニアのスタイル」の3つに分かれているような気がします。

以前カレラのジョシュ・ジェンセン氏が来日していた時に、「1990年代から"カリフォルニアのテロワール"とは何だろう・・・と考えていたという事で、遅く収穫ができ、ブドウが熟すのがカリフォルニアのテロワールなのではないか、と考えて2003年からは遅く収穫するようになった。」と言っていました。

実際に飲んでみると、2003年からはしっかりと果実感のあるピノ・ノワールに仕上げている印象で、とても分かりやすい。

もちろん温暖化の影響もあるとは思いますが、その他の生産者達も、感覚的にはそのあたりからボリューミーな味わいになってきた気がします。

何が言いたいのかと言うと、今回ご紹介している1997年ヴィンテージ、この頃はフランスを目指しているスタイルのワインが多かった為、アルコール度数も比較的低く、熟成した今飲んでみるとヨーロッパのワインと見分けがつかない・・・という事。

程良い果実と綺麗な酸、おそらく当時リリース直後に飲んでいたらカリフォルニアと理解できたとは思いますが、熟成されると今現在のフランスワインの方が果実味を強く感じます。

ワイン好きが集まるワイン会などでブラインドテイスティングをしてみても面白いのではないでしょうか?

私はこういった古いヴィンテージのカリフォルニアワインをラ・ヴィネの阿保店長に出されて、結構間違えた経験があります(笑)

今回ご紹介しているワイン、どれも気になりますが、シネ・クア・ノンのファースト・ヴィンテージを手掛けた今は無きワイナリー、ヘヴンス・ワイン・セラーズや、リッジのスタンフォード・ワイン・プログラムは私も経験が無いので、飲んでみたい・・・。

1997年はもう少し熟成もできそうです、気になる方は是非。

それでは。