★ピュイグローのバックヴィンテージ2010年が限定入荷!家飲みにも、プレゼントにも、誰もが納得する極上のデイリーボルドー!

 おはようございます、若干風邪気味で声がガラガラ・・・店長の沼田です。

子供からうつされたのか、話しすぎなのか、ワイン飲みすぎなのか、喉がガラガラで声が出ません、季節も変わり、寒くなってきましたので皆様もお気をつけて。

さて、今日ご紹介するのは私が「良い年のバックヴィンテージを見つけたら絶対に買う(ほぼ全量)!」と考えているボルドー右岸、コート・ド・フラン地区のトップ生産者の一人であるピュイグローの2010年です!

ピュイグロー.jpg

ワイン好きの方はご存知な方も多いとは思いますが、ボルドーのグレートヴィンテージでもある2010年、サンテミリオンなどのトップシャトーとも肩を並べると評されたピュイグローは、やはりいつ飲んでも旨い・・・。

まだまだ力強いは力強いのですが、現行の2014年ヴィンテージや、店頭にある2012年ヴィンテージ(2,900円)よりも熟成が進み、緊張していた力強さが取れ、荒々しさも落ち着き、これから花開こうとしています。

懐かしい、と思われる世代の方も多いのではないでしょうか?

2009年や2010年など、誰もが納得するぐうの音も出ないヴィンテージは、残っていたら必ず買いたい1本、ストック用でも良いのではないでしょうか。

【右岸のトップシャトーとも勝負できる!2010年のピュイグロー!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●シャトー・ピュイグロー 2010年  3,980円(税抜)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019821

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シャトー・ピュイグローは、右岸の銘醸シャトー、『ル・パン』や『ヴュー・シャトー・セルタン』で知られるティエンポン家が造るワイン。

一家はコート・ド・フランの地で最高のワインを生み出すどころか、このボルドー最小のアペラシオン自体を有名にしてしまいました。

所有する他のトップシャトーと同じく、畑での仕事が重要と考え、1946年にこのシャトーを購入後、土壌の手入れだけでなんと30年もの月日がかけられたといいます。

1983年にようやくリリースされたファースト・ヴィンテージはいきなりワイン評論家に絶賛され、またたく間に市場の人気シャトーとなりました。

「シャトー・ル・パンと同格の評価を受けた」とか「銘醸ワインと肩を並べるor勝った」とか、「雑誌や漫画に載った」とか、様々なメディアに取り上げられていましたが、飲んでみると納得。

円やかで重厚感があり、上品。

スムースで艶のある光沢、煮詰めたブルーベリーにスミレ、少しの熟成により樽の甘やかさと果実のボリューム感のバランスが見事。

これからもっと良く成長していくであろう2010年、これまたグレートヴィンテージとなった2012年との飲み比べ、なんていうのも面白そうです。

2010年のピュイグローは限定12本のみ、です。

それでは。

【右岸のトップシャトーとも勝負できる!2010年のピュイグロー!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●シャトー・ピュイグロー 2010年  3,980円(税抜)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019821

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年も素晴らしいヴィンテージ!ピュイグローも濃厚で旨い~♪】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●シャトー・ピュイグロー 2012年  2,800円(税抜)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000019803

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==============================

担当:ソムリエ 店長 沼田

==============================