★ピノ・ノワールから造られるロゼワイン4種!料理にも合わせやすい優しい味わいが人気です!仏伊豪新、どれも個性があり美味しいですよ~♪

 こんにちは、濃い赤ワインを身体が受け付けなくなってきた40代、店長の沼田です。
飲んだワインは全て写真を撮っているので、昨年飲んだワインを見返してみたのですが、意外と白ワインが多く、自分の味覚が変わってきたのか、身体が疲れていて赤ワインを受け付けなかったのか・・・ガメイやピノ・ノワールが丁度よく感じるようになってきてしまいました。
そう言えば最近ポテトチップスで胃もたれが・・・、なんて関係の無い話は置いといて、今回は最近注目しているロゼワイン、全てピノ・ノワールから造られているワインをご紹介します。
ピノ・ロゼ 全体.jpg
ニュージーランドの軽やかなピノ・ノワールのロゼ!この人の赤も美味しい♪】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●シャーウッド・エステート ストラタム ロゼ 2017  1,900円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【桜を思わせる、オーストラリアの優しいピノ・ロゼ!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●バード・イン・ハンド ピノ・ロゼ 2018  2,300円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロンバルディア州で仕込まれる、超ナチュラルな自然派ロゼ!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●カ・デル・コンテ アゾール 2013  3,250円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブルゴーニュのロゼの銘醸地!マルサネのロゼ、良く出来た2015年です!!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ジョセフ・ロティ マルサネ ロゼ 2015  3,600円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
という事で今回はピノ・ノワールを使用したロゼ!
まだまだ寒い季節に「白ワインは飲みたくないけど、赤ワインだと重すぎる・・・」とか「お酒は飲みたいけど、濃いのは嫌だ」とか、白ワインを飲みたいんだか赤ワインを飲みたいんだかわからない、そんな日ってありますよね。
そんな時に1本あると便利なのがロゼワイン。
個人的にロゼを買うメリットは以下の3点。
「肩の力を抜いて疲れずに飲める」
「様々な料理の邪魔をしない」
「美味しく飲める温度帯が広い」
という部分でしょうか。
ロゼワインはグラスに注ぐととても綺麗でホッとするというか、肩の力を抜いて緊張感が無く飲めるのが良いところ。
ピノ・ノワールで造られているロゼワインは、サクランボのようなキュートな果実感を持ちつつ、軽めのタンニンがあるので、意外とタイ料理とか、エビチリにも合わせられます。
お寿司に合わせる事も多いですね。
飲む際の温度は品種にもよりますが8℃くらいから14℃くらいまでと幅広く、冷やして飲めば白の替わりに、少し温度を上げると渋味と相まってフワっと赤ワインのような風味も感じます。
最初は冷やした状態で冷蔵庫から出し、その後はそのままテーブルに置きっぱなしで変化を楽しむ、そんな楽しみ方もアリだと思います。
今回は全部ピノ・ノワールとは言え、どれも色合いがバラバラで個性のあるワインに仕上がっています。
困った時のロゼワイン、1本いかがでしょうか?
それでは~。