★笑っちゃうくらいの王道ムルソー!アルベール・グリヴォーが仕込んだ2015年のムルソーが再入荷!肉厚でドッシリ!干し芋にドライパイナップル!?

 こんにちは、昔好きだったワインは今飲んでも美味しい、店長の沼田です。

20代の頃に「あ~、もうソムリエとかどうでもいいから、このワインずっと飲んでいたい」と飽きずに毎日飲んでいたワインがありました。

あれから何千本、何万本ものワインを経験しましたが、久しぶりに同じワイン(ヴィンテージ違い)に出会い、ドキドキしながら飲んでみると・・・「美味しい!」。

造りや気候も変わっているはずなのですが、懐かしさもあり、思わず笑顔に。

人の舌って、簡単には変わらないんだなぁ・・・と、自分の好みには共通した酸があるんだなぁ・・・なんて考えながら、今は自分を分析しながらワインを楽しんでいます。

さて、今日ご紹介するのは王道も王道、「これがムルソーだ!」と感じさせてくれるアルベール・グリヴォーの2015年です!

1581246254-picsay.jpg

【このドライフルーツのような濃厚さが堪らない!これぞザ・ムルソー!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●アルベール・グリヴォー ムルソー クロ・デュ・ミュルジュ 2015   8,800円(税抜)

http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000015333

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

言わずと知れたムルソーのトップ生産者の一人。

もしも、ムルソーに特級畑が認められるとすれば、真っ先に名前が挙がる区画がクロ・デ・ペリエール。

そのクロ・デ・ペリエールを単独所有しているのがこのアルベール・グリヴォーです。

昔から好きでこの生産者のワインはよく飲んでいるのですが、クロ・デ・ペリエール以外のワインもとても秀逸!

もう売り切れて無くなったと思っていた2015年のムルソーは、そのヴィンテージと相まってとても濃厚なシャルドネに仕上がっています。

この村名ムルソーは比較的粘土の強い土壌で、オー・クロという区画のシャルドネを使用。

オーク樽で発酵し、その後樽熟成されているのですが、新樽率10%とは思えない、濃密な力強さが感じられます。

個人的な表現で言うと、「ドライパイナップルと干し芋」!

噛めば噛むほど味わいが出てくるようなさつま芋を感じさせる素朴さと旨味、固めのドライパイナップルを食べているようなフルーツ感と優しい酸味が素晴らしい。

私がこの世界に入ってきたばかりの頃、先輩のソムリエに「白ワインの中で一番力強くて濃厚なのはムルソー」と教わったのを思い出す、笑っちゃうくらいの王道のムルソー。

ここ最近はシャープなムルソーが流行っており、早く収穫をして酸を乗せる為、ピュリニー・モンラッシェのような、という誉め言葉を聞く事もしばしば。

しかしながら「やっぱりムルソーはこうでなきゃ!」と思わせてくれる、ムルソーらしい1本。

「最近何か物足りないムルソーが多いなぁ・・・」と感じているブルゴーニュファンに飲んで貰いたい白ワインです。

現行ヴィンテージは2017年ですが、今飲むのであれば2015年がオススメです。

数量限定となりますので、気になる方、久しぶりに美味しいムルソーを飲みたい方は是非どうぞ。

それでは。

【このドライフルーツのような濃厚さが堪らない!これぞザ・ムルソー!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●アルベール・グリヴォー ムルソー クロ・デュ・ミュルジュ 2015   8,800円(税抜)

http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000015333

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==============================

担当:ソムリエ 店長 沼田

==============================