★ヤルデンのピノ・ノワールが再入荷しました!イスラエル最高のワイナリーが仕込むピノ・ノワール!まだ飲んでいない方は是非!

 おはようございます、この1ヶ月でリフティング100回目指す、店長の沼田です。
最近家で流行っているのが、子供が使う小さめのゴムボールを使ったリフティング。
サッカーはまったくの素人(野球の方が得意)なのですが、運動不足解消の為、時間が空いた時に家でポンポンと蹴っています。
ここ1年くらいで30~40回くらいはできるようになったのですが、途中で集中力が切れてボールを落としてしまう事もしばしば、あの上手い人が片足の爪先だけでポンポンやってるのってどうやってるんだろう(笑)
とりあえず100回できるように練習します!
さて、今日は再入荷したイスラエル、ヤルデンのピノ・ノワールのご案内です!
名前は知らなくても、ラベルを見れば「あ、魔法のランプみたいなヤツ!」となる、ゴラン・ハイツ・ワイナリーのピノ・ノワールのご紹介です!
1586492439-picsay.jpg
イスラエル最高のワイナリーが仕込む限定のピノ・ノワール!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ゴラン・ハイツ・ワイナリー ヤルデン ピノ・ノワール 2017  ¥4,800(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━━

イスラエルのワインと言えば、ゴラン・ハイツ・ワイナリー。
ゴラン高原にある小さな街カツリンに1983年誕生したワイナリーです。
ヤルデンは蔵元のプレミアムラベルブランドで、毎年、最高の畑から収穫した良質なブドウのみを使用したキュヴェです。
新樽60%、フレンチオーク(バリック)にて熟成された上品で滑らかさも持つピノ・ノワール、味わいはどちらかと言えばニューワールドのタイプになるのですが、ニュージーランドとも言えず、カリフォルニアでもなく・・・それでいてフランスでもない・・・。
個人的には近年の涼しい年のニュージーランド~暖かいヴィンテージのフランスかなぁ・・・と感じました。
開けたてから美味しいのですが、抜栓後1日でとても円やかで美味しくなりました!
~ゴラン・ハイツ・ワイナリーについて~
イスラエル、ゴラン高原にある小さな街カツリンに1983年誕生したゴラン・ハイツ・ワイナリー。
ゴラン高原は主に100~200万年前の火山性土壌となっており、水はけにとても優れています。
気候は比較的涼しく、年間降水量のほとんどが冬の間にあるため、乾燥する夏には灌漑により水が供給されます。
これらさまざまな自然条件や計画的な造園により、この地がワイン醸造用ブドウの育成に最適な土地となりました。
ブドウはガリラヤ湖に近いところからヘルモン山の麓まで広がる農場で栽培されています。
畑は標高400~1200メートルで、緯度は33度。
ブドウ畑は年間を通して畑内に張り巡らされた情報収集基地で気象の変化やブドウの出来具合のデーターを集め、醸造所内でも最先端の圧搾、圧縮、ポンプなどの施設やコンピューター制御で温度管理されたステンレスタンクなどを導入して、すべてにおいて徹底的な管理システムが構築されています。
熟成は最高級フランス産のオーク樽のみが使われ、コルク、ラベル、瓶なども品質にこだわった高級品を使用しています。
イスラエルのピノ・ノワールが待望の再入荷、ピノ好きの方も、珍しいワインをお探しの貴方も、家飲みに1本、いかがでしょうか?
それでは。
イスラエル最高のワイナリーが仕込む限定のピノ・ノワール!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ゴラン・ハイツ・ワイナリー ヤルデン ピノ・ノワール 2017  ¥4,800(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━━