☆ハートマークの入ったラベルが可愛い♪ この季節に飲みたい華やかなスパークリングワイン! ラベルだけでも見てください♪

 おはようございます♪

ジメジメと蒸し暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんな季節に飲みたくなるのはやっぱりスパークリングワイン♪

今回は私もよく購入する、可愛らしい「ハートマークの入った」スパークリングワインのご紹介です!

少し甘味のあるロゼや、ピンク色のエチケットが可愛らしいスペインのカヴァ(ハートマークは控えめ)、そして極辛口のフランスのクレマン・ダルザスの3種類です!

是非エチケットだけでも見てください~。

ハートラベル.jpg

【大きなハート柄が可愛らしい♪プロヴァンス地方のロゼ・スパークリング!】
━━━━━━━━━━━━━━━
◆フリュッテル ブリュット・ロゼ N.V  1,600円(税抜)
http://www.partywine.com/shopdetail/000000003883
━━━━━━━━━━━━━━━

【ピンク色の可愛いラベル、控えめなハートマークがアクセントに♪】
━━━━━━━━━━━━━━━
◆ボデガス・アラーエス カヴァ・スートラ・ブルット N.V  1,650円(税抜)
http://www.partywine.com/shopdetail/000000020595
━━━━━━━━━━━━━━━

【極辛口のクレマン・ダルザス!本格的で力強い泡立ちも魅力♪】
━━━━━━━━━━━━━━━
◆マルク・テンペ クレマン・ダルザス ブリュット・ナチュール セレクショネ・パー N.V  2,700円(税抜)
http://www.partywine.com/shopdetail/000000021983
━━━━━━━━━━━━━━━

お友達とのワイン会や、パーティーにお呼ばれした際、やっぱり盛り上がるのは可愛らしいエチケットのワイン。

SNS映えもして、皆も笑顔になりますよね♪写真を見返すのも楽しい♪

さて、味わいですが、今回ご紹介しているスパークリングワインは、3本ともタイプが違います。

最初の1本目、フリュッテルのロゼはシャルマー方式という、タンク内で二次発酵を行ったタイプで、泡立ちが柔らかく、アセロラやイチゴ、ラズベリーのような風味のある1本です。

普段ワインを飲まれない、アルコールがちょっと苦手、という方でも楽しんで飲めます。

そしてこのラベル中央に描かれた大きなハート!!

両親や兄妹の結婚記念日や誕生日に1本、差し上げても良いと思います(もちろん本命の方でも良いですが、ハートがハッキリしすぎているので私は・・・)

そして2本目のカヴァですが、個人的にはこのスパークリングワインが一番好きかも♪

少し苦味もあり、泡立ちも強く、それでいて辛口。

ピンク色のキャップシールからエチケット、そこに控えめなハートマーク・・・。

どちらかと言うと前菜向きなので、お惣菜屋でイカやアサリのマリネなど、魚介類のサラダなどを購入して、最初の一杯目にするのがオススメです!

男性がちょっとした記念日に、彼女と一緒に飲む用に冷蔵庫に入れておいてもいいのではないでしょうか?

そして最後、3本目のマルク・テンペは、フランス、アルザス地方の人気生産者!

ナチュラルワインと呼ばれる農薬や化学肥料を用いない自然な栽培を行い、素晴らしいワインを造っています。

泡立ちも強く、キメ細かく、そしてドザージュ(糖分添加)も3g/Lととても少ない「極辛口」の一品。

糖質制限している方や、辛口志向の方にプレゼントしても良さそうですね。

ラベル左側には、スパークリングワインの泡がハートに変化していく絵柄が描かれています♪

この可愛らしい絵柄からは想像できない程、キッチリと辛く、シャンパーニュに似た上品な風味が広がります。

「もし、シャンパーニュを飲めなければどの地方のスパークリングワインを飲むか?」という質問に、フランス人は「アルザスだ!」と答える人が多いそう。

確かに、と思える、綺麗な味わいです。

さて、上記3種類、ご紹介させていただきました。

色合いも可愛いロゼのスパークリングも良し、少し苦味のある、前菜向きのスペインのカヴァも良し、キリッと辛口のアルザスのスパークリングワインも良し。

どちらにせよ、「ハートラベル」に目がいく、美味しく写真映えするスパークリングワイン。

蒸し蒸ししたこの気候を吹き飛ばしてくれるのではないでしょうか?

家飲みのスパークリングに困ったら、1本どうぞ。

と、言う訳で、今回のメルマガはネカマスタイルで店長の沼田がお送りしました(バレてた?)。

女性の気持ちはわかりませんが、ワインの美味しさはわかります。

今回のハートマークのスパークリング、それぞれ個性が際立っていて面白くて美味しいと思います。

頭の片隅に置いておいて、思い出したらギフトにもどうぞ。

それでは。