★メルキュレイのモノポール(単独所有畑)が凄い!まるでコート・ド・ニュイのグラン・ヴァンのような味わい!白も美味しい♪ブルゴーニュ好きの貴方に!

 おはようございます、ここの所私が書いているメルマガの打率が低い・・・、店長の沼田です。
正直なところ、自分では『売れる!』と思って本気で書いたワインでも、まったく注文が来ない時はドキドキします・・・。
結構店頭にご来店いただいているお客様にも見ていただけているようで、電話で予約を頂いたり、店頭に置いてあるワインが少しずつ売れて行ったりしているのでホッとしていますが、書いているアイテムの問題なのか、私の文章の問題なのか・・・(汗)
まぁ、このところドイツのワインだったり、オーストリアだったり、はたまたミサイル型のマグナムボトルだったりと、心の中で『どうだろうな~、売れないかな~やっぱり』と思っているワインばかり書いていたので、予想通りなんですけどねっ(言い訳)。
さて、今回ご紹介するコート・シャロネーズの白とメルキュレイの1級畑の赤は、売れて欲しい、というか皆様に知って欲しい、一度飲んで貰いたいワイン!
1604997760-picsay.jpg
私が姉妹店ラ・ヴィネにいた時代から仕入れていたトゥーロ・ジュイヨという造り手さんのワインなのですが『え・・・?冷静に飲んで、このワイン、凄くない?』というブルゴーニュです!
【ドライフルーツのように円やかで、香ばしい樽香が心地よい、旨いシャルドネ!】
━━━━━━━━━━━━━━
●ヴィニョーブル・ナタリー・トゥーロ ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ・ブラン 2016  3,200円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━
◆トゥーロ・ジュイヨが信頼できる生産者から買い付けた葡萄で造るワインがナタリー・トゥーロ名のこのワイン。
毎回飲むと、私はムルソーまではいかないまでもサン・ロマンやモンテリーと答えてしまいます。
2016年は円やかでコクがあり、控えめなドライパイナップルや焼き栗のような雰囲気も持っています。
毎年飲んでいますが、良いシャルドネ、これを初めて飲んだスタッフ達も「これは、美味しいですね~~~!!」と感動してました。
【メルキュレイのポテンシャルを知る!蔵元のモノポール(単独所有畑)のピノ・ノワール!】
━━━━━━━━━━━━━━
●ドメーヌ・トゥーロ・ジュイヨ メルキュレイ 1ER・CRU ラ・カイヨット 2017(モノポール)  5,000円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━
◆ワイナリーを代表する単独所有畑(モノポール)であり、すり鉢状になったメルキュレイの上部、標高300mにある南東向き斜面に広がった区画がこのカイヨット。
土壌には石灰岩が多く、チョークや鉱物的なニュアンスを感じさせてくれる清涼感も感じさせてくれます。
私はブラインドで飲んで「コート・ド・ニュイの北側、マルサネ・・・いや、フィサンやジュヴレ・シャンベルタンの一級畑くらいのレベルがある・・・」と答えた1本。
色合い淡く冷涼感があって、今の現代的なブルゴーニュには少なくなってしまったクラシカルな味わいが魅力的です。
「え?もっと安いと思ったのに、3,000円以上するじゃん・・・。」と思った方も多いと思います。
が、個人的に、価格と味わいが比例しない産地がコート・シャロネーズ。
コストパフォーマンスに優れた、という言い方は失礼かもしれませんが、軽く1.5~2倍くらいの感動を与えてくれます(控えめに言って)。
白ワインは2016年という事もあり、モコモコとしたクリーミーな味わいが魅力的。
そして今回のメルキュレイは、モノポール(単独所有畑)と言う前に「1級畑」なんです!
私がよくお客様と話をするのは「シャブリはヨンヌ県」、「コート・ドールはコート・ドール県(名乗れる地区としてはマルサネからマランジュまで)」そして「コート・シャロネーズはソーヌ・エ・ロワール県」「ボージョレはローヌ県(サンタムールから南側)」という話。
一級畑の規定などはほぼ変わらず、素晴らしいワインを生産しているのに「コート・シャロネーズ」というだけで「コート・ドール」のワインを買う人が多いのが事実。
よく考えて、5,000円でコート・ドールのちょっと有名な赤、例えばジュヴレ・シャンベルタンやシャンボール・ミュジニーの「村名」を買おうと思っても、今のご時世買えませんよね・・・。
そんな中、しっかりと「一級畑の規定」で造られ、ただ「コート・ドールではないだけ」のブルゴーニュのピノ・ノワール、さらにはメルキュレイの中でも特別な区画の斜面上部の赤がこの価格。
これを飲んでしまうと、村名のワインに7,000円~10,000円払うのは勿体無いかな・・・と。
需要に対して供給が上回り、畑を広げて対応して品質が下がってしまうワインよりも、未だに需要に対して供給が下回っていて、ある意味「適正な価格」で買えるワインの方が、私にはとても魅力的に映ります。
それはローヌやラングドック、プロヴァンスや南西地方にも言える話。
昨今の「有名産地の値上がり」、味わいで価格が上がっているのか、レア度で価格が上がっているのか・・・、私は冷静に、飲んで判断していきたいと思います。
ちょっと肩こりましたね、次はもう少しライトな内容にします。
それではまた。
【ドライフルーツのように円やかで、香ばしい樽香が心地よい、旨いシャルドネ!】
━━━━━━━━━━━━━━
●ヴィニョーブル・ナタリー・トゥーロ ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ・ブラン 2016  3,200円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━
【メルキュレイのポテンシャルを知る!蔵元のモノポール(単独所有畑)のピノ・ノワール!】
━━━━━━━━━━━━━━
●ドメーヌ・トゥーロ・ジュイヨ メルキュレイ 1ER・CRU ラ・カイヨット 2017(モノポール)  5,000円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━