★結婚祝いに相応しい「手を繋いで」と名付けられたドイツのピノ・ノワール♪ アールからバーデンに嫁いだ娘の為に造られた1本!ピノとしても秀逸です!

 おはようございます、疲れが取れない、店長の沼田です。
あと少し休んだら全回復しそうなんですが、どうにも身体が重い・・・、思い切って1週間くらい休んじゃおうかなぁ・・・なんて思っている今日この頃です。
あ~、どこかのデキるスタッフが代わりにメルマガ書いてくれないかな~(心の叫び)
なんて言ってはいますが、原稿が上がってきたら上がってきたで全力でダメ出しするからいけないんでしょうね、今年はニコニコ頑張ります♪
さて、今日ご紹介するのはドイツワイン。
ドイツワインを勉強していると「もっと有名であってもおかしくないのに、何で皆に広まらないんだろう・・・」と思う事がよくあります。
未だに「ドイツ=甘い」というイメージを持たれている方が多いのもわかってはいるのですが、やはり手に取ってもらうまでが一苦労(汗)
今回のシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)も下手なブルゴーニュを買うより素晴らしいと思うんですけど・・・なんて。
1609727493-picsay.jpg
娘の結婚祝いに造った赤ワイン!アールとバーデンを繋ぐ1本です♪】
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マイヤー・ネーケル & クランプ ハンド・イン・ハンド シュペートブルグンダー バーデン 2017  3,500円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回はアール地区最高の生産者の一人(シュテファン・ラインハルト著「ドイツワイン」のアールの欄で一番最初に出てくる生産者です)、マイヤー・ネーケルが仕込むシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)です。
このワイン、マイヤー・ネーケルの2人の娘の内の一人マイケと1983年から続くバーデンのワイナリー、クルンプ醸造所の当主であるマルクス・クルンプが結婚し、コラボレーションして造られた赤ワイン。(クルンプ醸造所はマルクスとアンドレアスの兄弟が運営)
クルンプファミリーが育てたブドウを使ってネーケルファミリーが醸造したシュペートブルグンダーです!
10%は醸し、90%はステンレスタンクで発酵後、古樽で 8ヶ月熟成。
色合いは淡く、フワッとした和三盆のような柔らかいアフターと、ひんやりとした冷たいサクランボ、タンニンは穏やかながら、バーデンらしい果実味の輪郭もあります。
バランスも良く、バーデンなのにアールのような、というかマイヤー・ネーケルの味がします。
ラベルに書いてあるのですがAからBへの足跡はアールからバーデンへ嫁ぐマイクをイメージしており、名前もハンド・イン・ハンド、手を取り合ってという名前を付けた、結婚を祝う為のワイン。
1609727528-picsay.jpg1609727517-picsay.jpg1609727503-picsay.jpg
ブルゴーニュやニュージーランド、オレゴンとはまた違った味わいが楽しめるのではないでしょうか。
個人的にドイツのシュペートブルグンダーは色合い泡めでフィニッシュに少し糖を感じさせ、優しいタンニンとキュっと引き締まった酸が余韻に続くイメージ。
この赤はそこにバーデンらしい暖かさが加わり、ちょっとホッとする、安心感のあるピノ・ノワールに仕上がっています。
これからも夫婦で美味しいワインを造っていって欲しいですね。
自分用でもギフトでも、1本、いかがでしょうか?
それでは。
娘の結婚祝いに造った赤ワイン!アールとバーデンを繋ぐ1本です♪】
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆マイヤー・ネーケル & クランプ ハンド・イン・ハンド シュペートブルグンダー バーデン 2017  3,500円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━