★トスカーナ最高のヴィンテージ2016年!今飲んでも、熟成させても◎!デイリーレンジから2020年のガンベロ・ロッソ最優秀赤ワインまで、6種類ご紹介します!

 おはようございます、第二の故郷はトスカーナ、店長の沼田です。
もう17年くらい経ちますが、留学していたトスカーナ、2004年はとても暑く、11月25日まで半袖で過ごしていた事をたまに思い出します。
11月26日から氷点下に近くなり、前日と同じ気分で家を出た私が死にそうになった・・・という記憶が、寒くなると記憶に蘇ってきます(汗)。
あの頃に飲んでいた1997年のトスカーナのワインがとても印象に残っているのですが、それと同じレベルか、それ以上にハッとさせてくれたのが今回ご紹介する2016年ヴィンテージ。
「あ~、こんなサンジョベーゼやスーパー・タスカン、美味しい美味しいって飲んでたなぁ・・・」と、心が躍る味わい。
今回はイタリア担当に頼んで仕入れてもらった2016年ヴィンテージのトスカーナを5種類、ご紹介させていただきます。
2015年も素晴らしいヴィンテージなのですが、個人的には、皮が厚く、少しアルコールも感じるような濃密な出来で、熟成させて真価を発揮するタイプなのかな?と思っています。
片や2016年は、果実感はしっかりとあるものの、少し涼し気で、アルコールの強さやタンニンはそれほど感じられません、とても綺麗で酸の乗ったワインが多い印象です。
すぐに飲んでも美味しいイタリアワイン、トスカーナのワインが欲しい、という方、ここ何年かトスカーナのワインを飲んでいてもイマイチ「ピン」と来なかった方、今回ご紹介するワイン、どれか1本試してみてください。
『あ~、この味わいだ!』と、自分が好きになったイタリアワインを思い出してくれるかも、しれません。
以下、6種類です↓↓↓
1610945828-picsay.jpg
【出来上がったワインに干し葡萄の果汁を加えて再発酵させる、ゴヴェルノという製法で作った赤ワイン!】
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メリーニ キャンティ ゴヴェルノ アッルーゾ・トスカーノ DOCG 2016  2,080円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━
【とてもエレガント、色合い淡いサクランボのようなロッソ・ディ・モンタルチーノ!】
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆レッチャイア ロッソ・ディ・モンタルチーノ D.O.C. 2016  2,800円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━
【元々ブルネッロに初めて植樹されたサンジョベーゼはこの蔵元の葡萄!侮るなかれ!】
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ラーモレ・ディ・ラーモレ キャンティ・クラッシコ DOCG 2016  3,000円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━
【サッシカイアのテヌータ・サン・グイドが仕込むカベルネ70%、サンジョベーゼ30%の赤ワイン♪】
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆テヌータ・サン・グイド レ・ディフェーゼ トスカーナ I.G.T. 2016  3,500円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━
【濃厚でモダン、ボルドーのような雰囲気も持つ、上品なキャンティ・クラッシコ!】
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆カステッロ・ディ・モンサント キャンティ・クラッシコ D.O.C.G. リゼルヴァ 2016  4,700円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━
【2020年版、ガンベロ・ロッソの最優秀赤ワインに選ばれたカルミニャーノの2016年!】
━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ピアッジャ カルミニャーノ D.O.C.G. リゼルヴァ 2016  6,700円(税抜)
━━━━━━━━━━━━━━━━
いやぁ、どのワインも飲んで貰いたい・・・。
色々とヴィンテージチャートを調べていると、その「土地」の評価が出てきます。
そこで2016年のトスカーナを見てみると、2015年と並んで最高の素晴らしいヴィンテージ、という評価。
私が留学していた2004年というのも良い年だったのですが、それを上回り、もはや1997年まで遡らなければ2016年に匹敵する年が無いのでは・・・という評価。
自分で飲んでいて本当にそう思ったので、昨年はガンガン2016年を飲んでいました。
現行ヴィンテージが2017年~2018年に移行している今、色々なインポーターさんに2016年があれば、無くなる前に集めるようにしています。
今回はそんな感じで集めた6種類。
本当はあんまり教えたくない・・・店頭に来店されている方にこっそりと売っていた2016年ヴィンテージのトスカーナ、どれを飲んでもウケが良く、ワインを飲み慣れていない私の両親や兄夫婦に飲ませても『これ美味しい!どこのワイン!?』と応えてくれるであろう赤ワイン。
ここからどう熟成していくかも楽しみですし、美味しいワインは若い内に飲んでも美味しいんだな・・・と感じさせてくれる1本だと思います。
2016年に思い入れのある方、美味しいトスカーナのワインを飲みたい方、イタリア好きの方、いかがでしょうか?
それではまた。