ワインの価格と味わいについて!1万円代前半で楽しめる高級産地オークヴィルのワインで考えてみる。

ナパ・ヴァレーにおいて、その絶対的な地位を維持しているOakville【オークヴィル】

1868年に240エーカーの土地を購入したH.W.クラッブがオークヴィルを未開の地からワインカントリーへと変貌させました。
1900年には1,000エーカーを超え、禁酒法を経ても名声を保ったオークヴィルは、現在地球上でも指折りの優れたワイン産地として知られています。

ご存じの通りハーラン・エステート、ダラ・ヴァレ、スクリーミング・イーグルなどオークヴィルを本拠地とするワイナリーの作品は、飲料の枠を超え投資対象としての機能や、ステータスの象徴としても力を発揮しています。

今回はそんなワインも生まれるオークヴィルで、「ワインの味わいと価格」にフォーカスしてみたいと思います。

価格とは、有形・無形の各種の価値を金額であらわしたもの。

ワインにおいて$20~$100台では味わいと価格は比例し、$300~$500以上を超えてくると価値基準が変わると言われています。

前述したように、求めている価値が飲料のもつ機能(味わい)から飛躍し、芸術品のような情緒価値をもたらすようになります。(カルトワインの頂点であるスクリーミング・イーグルは最高値$6000を記録したほど。)

このように考えると「ワインの適正価格」というのは、どの価値に重きを置いているか。で大きく異なってくると思います。

さて、ワインの味わいは全ての年が素晴らしいというわけではないと思うのですが、毎年のようにこの引く手あまたの芸術品たちが、少量ながら世に出ているのですから「オークヴィルAVA」以上にそのタイトルを主張する場所を見つけるのは大変なことでしょう。

今回ご紹介するワインは、オークヴィルAVAの恩恵も受けていながら、味わいから考えて価格とバランスが取れています。

そして「芸術品が生まれる産地のワイン」と考えると安いのではないか?ともいえるようなカベルネ・ソーヴィニョンです。

◆ダブル・ダイヤモンドbyシュレーダー カベルネ・ソーヴィニヨン オークヴィル 2018
http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000023626
定価:12,800円(税抜)→ 販売価格:10,300円(税抜き)

このワインを造るシュレーダーも芸術品を生む生産者の一つです。ナパ・ヴァレー最高の栽培家ベクストファーのブドウから、高評価ワインを連発することで知られています。

そのシュレーダーが、オークヴィルの畑限定で適正価格を保ち、最高のカベルネ・ソーヴィニョンを造る事をコンセプトに立ち上げたダブル・ダイヤモンド。

オークヴィルで最も高値で取引されるト・カロン・ヴィンヤード主体で、この価格帯。味わいも素晴らしいです。

◆テキストブック カベルネ・ソーヴィニヨン ミゾンプラス オークヴィル ナパ・ヴァレー 2017
http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000023614
販売価格:11,000円(税抜き)

「オークヴィルの特徴を明確に終始一貫して伝える」という想いでテキストブックと名付けられたワイナリーです。

こちらはフラッグシップであるミゾン・プラス。
カベルネソーヴィニヨンの主要な葡萄畑であるBoulder Block Vineyardはスクリーミング・イーグルのすぐ隣。
メルローの主要な畑は、オーパス・ワンとパラダイムに隣接し、ハーラン・エステートのすぐ下にあります。

「50万円を超えるワインと隣の畑なんです!!」

↑この文言に騙されてはいけません!良い意味で(笑)

そんなプロモーションをしなくても、飲んでわかるその品質。芳醇で張りがありながらも、中間に伸びるフレーバーと長い余韻。オークヴィルに求めている味わいが詰まっています。
2017VTGからは光学選果を取り入れ一層キレイに仕上がっています!是非!

PXL_20210314_032327908.jpg