★神戸で作られている拘りの『熟成肉ジャーキー』!牛×3、豚、鹿、猪の全6種類が入荷しました!おつまみにも、手土産としても喜ばれます♪

 おはようございます、お花見してません、店長の沼田です。

日曜日からの雨で、東京の桜も今日でほぼ終わりそうです・・・。

あ~、今年もお花見できなかった・・・という事で、店頭テイスティングバーでは「ドゥーツ」が仕込む桜ラベルの「ロゼ・シャンパーニュ」が開いておりますので、気になる方はご来店ください(あと5杯ほど)

さて、今日はワインではなく食品のご紹介。

神戸で拘りの熟成肉を使って仕込む『熟成肉ジャーキー』です!!

1617600815-picsay.jpg

酒飲みなら「お~、一度食べてみたいな」と思っていただけると思いますが、癖になりますよ!

日本酒も良し、ワインも良しの熟成肉ジャーキー、今回は「牛」「豚」「鹿」「猪」の4種類が入荷しておりますので、気になる方は是非どうぞ!

【原材料は牛肉と海塩のみ!拘りの熟成肉ビーフジャーキーがここに!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • JAPANESE BEEF 熟成ビーフジャーキー  929円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000023403

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【仔牛のお産を経た母牛の肉(経産但馬玄)を使用した特別なジャーキー!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • ORIGINAL 但馬玄熟成ビーフジャーキー  1,507円(税込)

http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000023707

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【キラキラとした脂がまぶしい!ビーフジャーキーの最高傑作!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • KOBEBEEF 神戸ビーフ熟成ジャーキー  1,860円(税込)

http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000023708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【神戸ポークを使用した珍しい豚肉のジャーキー!これも美味しい!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • KOBE PORK 神戸ポークジャーキー  929円(税込)

http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000023577

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【約100gの猪肉を20gまで凝縮させた丁度良い癖の猪ジャーキー!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • BOAR 奥八女猪肉ジャーキー  1,162円(税込)

http://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000023576

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【鹿肉の旨みを引き立てる天然塩と胡椒の香りが美味♪】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • DEER 熟成鹿肉ジャーキー  1,162円(税込)

http://www.partywine.com/shopdetail/000000023706

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私が「手土産」として重要視するのが「軽いか」「持ち運びやすいか」「常温でもOKか」です。

以前ご紹介した「白トリュフ風味のミックスナッツ(天使のミックスナッツ)」もそうですが、ワイン会などで何名かの方にお配りしてお持ち帰り頂くのであれば、ちょっとインパクトがある商品が欲しい、ですよね。

そんな時に「気が利いていて」「お洒落で」「普段手に入らない物」で「気軽にいくつも持ち運べる」「美味しいおつまみ」は配りやすく、とても便利です。

という事で、最近の私の流行はこの神戸で作られている拘りの「熟成肉ジャーキー」。

晩酌用に買って、一度試してみてください、お酒ともよく合いますよ♪

~ニック・ジャーキー・コウベさんについて~

「本当に美味しいお肉って?」という素朴な疑問に対する答えの一つとして「熟成肉ジャーキー」に辿り着いたといいます。

肉の旨さを最大限に引き出す事だけを考え、肉職人ならではの独自の丁寧な積み重ねで誕生したクラフトジャーキーの原材料は「肉」と「海塩」のみ!

噛みしめるほど肉の味がするジャーキーを是非お召し上がりください。

ニック・ジャーキー・コウベさんの拘りの作り方

1・精肉店ならではのフットワークと目利きを生かし、牧場に足を運び、格付けだけでは表せない肉の「個性」と「価値」を見極める。

2・熟練の職人技を駆使して、余分な筋や脂をカットし、肉の筋繊維を見定め、繊維に沿いながらジャーキーに最適な塊を切り出す。

3・ブロック肉の表面に海の成分を凝縮した天然塩を擦り込み、手間の幸、時間の幸が働いて、塩が浸透するまでじっくりと寝かせる。

4・遠赤外線とマイナスイオンを放出する専用セラーで、ブロック肉の中心部まで熟成させ、アミノ酸、旨味、甘味成分が格段に増加。

5・食感や味わいの決め手となるジャーキーの厚み、薄過ぎず、厚過ぎず、歯応えと旨味が際立つ絶妙な厚みを人の目で微調整。

6・肉の厚みと水分量を見極め、最適な温度、風力、時間で加熱乾燥。絶妙な厚み × 乾燥室の管理が肉独自の深い旨味をさらに引き出します。

7・ジャーキーはワインのように包装されてからも熟成が進みます、そこで俊二に旨味を閉じ込め、酸化を防ぐ包装でお届けしています。

8・100gの肉はおよそ20g、約1/5まで凝縮され、肉本来の深い味わいと濃厚な旨味を纏っています。

ゆっくり時間をかけてお楽しみください。

との事。

入荷直後に全部試食したのですが、もう一度食べたくなってきました・・・。

牛や豚は私の好きなガメイとも相性が良さそうです。

鹿と猪はちょっぴりスパイシーで、南仏、ニューワールド系のワインと美味しいかも。

店頭にも並んでおりますので、気になる方は是非どうぞ。

それでは。