「そこだよ!君は観察していないんだ!」ホームズのようにワインを観たい!シークレットセットVol3、テーマは「知覚」です。

家の暖房器具はしまって、お気に入りのコートは少し休憩。虫の音が聞こえるので、あえて窓を開けたり、目が痒くなるのを抑えるために薬を飲んだり。

知らず知らずのうちに春を知覚していました!

個人的には新年の1月よりも3月のほうが、新しいことが始まる気がしてソワソワします。何となく感覚器も敏感になった気がして、ワインにも一層刺激を感じるシーズンですね!

さて、今回のテーマ知覚とは「自分を取り巻く外界の情報を、既存の知識と統合しながら解釈すること」

ワインで言うと、色・香り・味わい・質感・温感など、感覚器を通じて情報を受容し、脳が既存の知識を組み込んで、思考、感想が生まれる事でしょうか。

シークレットセットVol.3となります今回は、春らしく感覚器に多大な刺激を与えるワインをご紹介!

皆さまが春を連想するブドウ品種は何ですか?

《Vol.3》テーマ「知覚」バイヤー推しシークレットセット フルボトルワイン2本

http://www.partywine.com/shopdetail/000000023759
通常価格:7,277円(税込み)→特別価格:6,615円(税込み)

「しっかりワインを観察しないと!」と思いながらブラインドテイスティングに挑んでいる時、ふと「自分は本当に観察をできているのか?」と考えるようになりました。

常日頃ワインを飲んでいると、ブランドや国などのカテゴリーや、大勢の人が良いと言っているワインへの同調などのバイアスがかかってワインを観てしまうことが多く、「純粋に観る」ことができていないと感じています。

「ラベルなしで観る感覚」を養いつつ「ラベル込みでワインを楽しむこと」ができたら、どれだけワインをフラットに観ることができるのか。

銘柄を隠してワインを飲む。というのは賛否両論ありますが、個人的にはバイアスに囚われないワインの楽しみ方の一つ、と考えています。

なので今回のワインはラベルを隠してお送りします!是非一杯目は先入観なしで飲んでいただいて、
そのあと存分にワインをお楽しみいただければと思います!

最後にご存じの方も多いと思いますが、タイトルに使わせてもらいましたシャーロック・ホームズとワトソンの有名なやり取り「17段の階段」です。ご参考までに。

ホームズ「君は、玄関からこの部屋に上がる階段を頻繁に見ているだろう?」
ワトソン「しょっちゅう見てる」
ホームズ「何度くらい見た?」
ワトソン「そりゃ、何百回も」
ホームズ「では、階段は何段ある?」
ワトソン「何段だって?そんなの知らないよ」
ホームズ「そこだよ!君は観察していない。ただ見てはいるけどね。僕はあの階段が17段あることを知っている。何故なら見るだけじゃなくて観察しているからだ」

表示