☆あのペゴーが400本のみ仕込んだ、2020年初リリースの甘口ワイン!日本には僅か12本のみの入荷!熟成用、ワイン会用にいかがでしょうか?

 おはようございます、指ポキポキ鳴らすの、両手で30箇所近く鳴ります、店長の沼田です。

指の根本から第一、第二関節と、気付けば小学生の頃から鳴らしているような気がします・・・。

自分の癖ってなかなか気付きませんが、後輩の一言で最近気付いた癖、気を付けます・・・。

さて今回はコート・デュ・ローヌ、シャトーヌフ・デュ・パプ最高の生産者の一人、ドメーヌ・ペゴーが仕込んだ甘口ワインのご紹介です!

1621500300-picsay.jpg

1樽、『400本』(500ml)のみ仕込んだ内、日本への入荷は僅か『12本』!

しかもこの『2020年がファーストリリース』という1本です。

コロナ明けのワイン会用のストックにするも良し、何年か忘れて熟成させるも良し、レアワインの一つとして、手元に置いておいてはいかがでしょうか?


【ペゴー初リリース!日本には12本のみの入荷となった甘口ワイン♪】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ドメーヌ・ペゴー ヴァン・ブラン ドゥー 2020   13,200(税込)
https://www.partywine.com/shopdetail/000000022648

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「シャトーヌフ・デュ・パプの中で最も偉大で荘厳、古典的でしっかりとしたコクがあり、卓越した濃縮感を持った超大作を造る」とロバート・パーカー Jr.に評価される生産者。

現在はローランス・フェロー女史が当主を務め、父のポールと共にドメーヌの運営を行っています。

フェロー家の祖先は1670年からこの地域に居住し、オリーブやチェリーと共にブドウを栽培し始め、1733年にはワイン造りをしていた記録が残るシャトーヌフ・デュ・パプでも最古の造り手としても知られています。

神の雫ではトップ・キュヴェのキュヴェ・ダ・カポが使徒に選ばれるなど、日本でも一気に有名になりました。

これはそんなローヌ最高の生産者が仕込む甘口ワイン!

葡萄はピクプール、クレレット、ルーサンヌ、ブールブーラン、グルナッシュ・ブランを使用。

フレッシュな白ワインを造るには熟しすぎたと感じられた葡萄を一房ずつ遅摘みし(通常の遅摘みほどそこまで糖度は上げずにフレッシュさが残る段階で収穫)、房ごと圧搾。

天然酵母を用い、4年程使用した樽で冷却装置を用いて低温でゆっくりと発酵し、熟成。


アルコール度数は9度で残糖は135g/L


この2020年が初リリースとなり、一樽(400)のみ生産したとの事。


水晶のように澄んだ輝きのある色合いで、アカシアの花と蜜リンゴの風味、トロリとした甘味と綺麗な酸味が素晴らしい。

1本熟成させておきたいデザートワイン。

ちょっと価格的には高いので、テイスティングバーが復活したら出してみたいなぁ・・・なんて思っております。

その前に売り切れてしまったら申し訳ありません(多分甘口なのでそんな事は無いと思いますが)

それでは。

【ペゴー初リリース!日本には12本のみの入荷となった甘口ワイン♪】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ドメーヌ・ペゴー ヴァン・ブラン ドゥー 2020   13,200(税込)
https://www.partywine.com/shopdetail/000000022648

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【その他の甘口ワインはコチラから↓↓↓】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ワインマーケット・パーティー 甘口ワインページ
https://www.partywine.com/shopbrand/W1511081/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━