★まだ5月なのに今年のBEST BUY WINEの座はほぼ確定!? 熟成した美味しいスペインワインが1,650円(税込)!

 こんにちは! スペインワイン担当の増永です。
当店では閉店後に勉強のため、ほぼ毎日試飲をしているのですが、ある日の晩、私がブラインドで出したスペインワインが驚愕の美味しさでした。
その時のスタッフの会話を少々。
「なにこれ・・・やばい!旨すぎるんだけど!」と店長の沼田。
「5,000円以上はするボルドーの2000年前半」と若手ソムリエ。
「いや、この熟成感と味わいなら10,000円はするでしょ?」と中堅ソムリエ。
「リオハのテンプラニーリョ主体の古酒、2005年位?」などなどの色々な意見が。
滅多に褒めないことで有名な?当店の姉妹店、お隣のフランスワイン専門店、ラヴィネ店長の阿保からも『これは本当に美味しくて良いワイン!』と珍しくお褒めの言葉をいただきました!
で、私が回答を発表すると皆が驚き、どよめきました!
表麺.jpg
「2006年のスペイン、カベルネ、シラー、テンプラニーリョのブレンド」。
「しかも、首都マドリッド近郊にある都市型ワイナリー」。
「価格はなんと・・・1,650円(税込)!!」。
金額を聞き、一同「うそー!信じられない!これはありえない!」と。
ここまでの会話を読んでいただければ、このワインの美味しさと金額のギャップを分かっていただけるかと思います。
まだ5月に入ったばかりですが、私が選ぶ今年のBEST BUY WINEはこの1本でほぼ決まりです!
【驚愕の美味しさ!この価格でこの味わいはまずえません!※コルクに注意!】
━━━━━━━━━━━━━━
◆ボデガス・タゴニウス セニョリオ・デ・タフーニャ・レセルバ 2006  販売価格 1,650円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━

ブラインドテイスティングで出せばワインに精通した人さえ「価格は5,000円以上、15年以上は熟成されたワイン」と答えるほどの上質で洗練された味わい!
しかも1,650円(税込)とはさらに驚き!ゼロが一つ多くても?(それははちょっと言い過ぎかな)納得してしまいます。
ボデガス・タゴニウスは、首都マドリッドにある都市郊外型ワイナリー。
今ではマドリッドを代表するワイナリーとして、著名なレストランやパラドール(高級ホテル)で採用されています。
熟成はアメリカンオークで12ヶ月、その後、24ヶ月以上の瓶内熟成を施しています。
熟した果実とスパイスの香り、蒸したアッサムティーのような熟成感に、ほのかにカカオやバニラのニュアンスもあります。
ニューワールドにも近い厚みのあるボディ、長期熟成による複雑さ、長い余韻も楽しめます。
この価格でこの味わい、熟成感のあるワインはなかなか見つかりません。
・・・しかし、良い事ばかり書いてきましたが、ただ一つ難点があります・・・。
裏面.jpg
コルクがとても弱いんです。
ボトルの裏面にも書いてありますが、コルクをした状態で長期間寝かせて出荷しているので、コルクがかなり劣化しており、抜栓の際に砕ける場合があります。
ですので抜栓の際は高額の古酒と同様にゆっくりと慎重にお願いします。
もしコルクが砕けてしまった場合は、無理に抜こうとせずにボトルに落としてしまうことをお勧めします。
落とした場合、飲む際には茶こしなどで濾すか、デキャンタに移してください。
店長的には、ソムリエナイフのスクリューをわざと少し斜めに刺して、斜めに引き上げるイメージで抜くとうまくいくとの事。
しかしながらコルクの下の部分と瓶が少し張り付いているような感じなので、なかなか難しいかもしれません。
2枚刃式のプロング・オープナーがあれば一度両脇から差し込み、少し回して遊びを作ってからソムリエナイフで抜くとうまく抜けるのですが、ソムリエでもなければそんなの持ってる人いないですよね、普通。
まぁ『このワインをソムリエナイフで綺麗に抜栓できたらプロ級!』のつもりで、チャレンジしてみてください!
中身は本当に美味しいです♪
外でお酒を飲める日がいつくるのかはわかりませんが、家飲みの美味しいスペインワイン、デイリーワインの仲間に入れてみてはいかがでしょうか?
それではまた!
【驚愕の美味しさ!この価格でこの味わいはまずえません!※コルクに注意!】
━━━━━━━━━━━━━━
◆ボデガス・タゴニウス セニョリオ・デ・タフーニャ・レセルバ 2006  販売価格 1,650円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━