☆熱狂的ファン待望!ニュージーランドのキムラ・セラーズさんから初のシャルドネが限定入荷!!

 いつもご来店、ご利用いただきましてありがとうございます、ニュージーランドワイン担当の藤澤です。

だんだんと暖かくなり始め、いよいよスパークリングワインや白ワインが飲みたくなるような季節が近づいてきましたね!

さて、今日ご紹介するのはニュージーランドワイン、ニュージーランドは日本人醸造家が多数活躍する銘産地!

なかでも、マールボロにワイナリーを構える木村ご夫妻の「キムラ・セラーズ」は当店でも根強いファンが多い生産者。

ニュージーランドの特徴を生かした、ソーヴィニヨン・ブランやピノ・ノワールが有名ですが、今回はなんと木村さん初リリースとなるシャルドネが入荷いたしました!

1621305591-picsay.jpg

【木村氏が新たに挑戦した、ニュージーランドワインの魅力がたくさん詰まった限定ワイン!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★キムラ・セラーズ マールボロ・シャルドネ 2020 5,060(税込)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000024322

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • マールボロの冷涼な産地ワイラウ・ヴァレーの樹齢25年のシャルドネから造られたワイン。

冷涼地域ならではの酸とミネラルがあり、芳醇な桃やアプリコットやオレンジの皮、白い花の香り。そしてバターやヴァニラのニュアンスが調和したアロマがグラスの中に溢れ、バランスの良いワインです。

ニュージーランド=ソーヴィニヨン・ブラン・・・とはもう言えない、かも。

≪キムラ・セラーズについて≫>

木村滋久氏は、ザ・キャピトルホテル東急(旧キャピトル東急ホテル)で10年間勤務。

主に和食レストランでサービスの担当をし、ソムリエ資格も所有。

フランスへのワイナリー巡りがきっかけでワイン造りに魅了され、後にワイン醸造学を学ぶためニュージーランドへ渡る決断をします。卒業後は、国内外のワイナリーで醸造と栽培の経験を積みました。

2009年に「キムラ・セラーズ」を設立し、ソーヴィニヨン・ブランをリリース。2012年からピノ・ノワールの生産も開始。

2016年からオーストラリアのワイナリーとコラボで「オーバーザレインボー」を手掛けるようになります。

奥様の木村美恵子さんは、キムラ・セラーズの事務仕事やブドウ栽培、B&Bの運営を担当。

同じくキャピトル東急ホテルに6年間勤務後、2004年一緒にニュージーランドに渡りました。

キムラ・セラーズはマールボロでは数少ない小規模の生産者です。

限られた生産量のため安価な商品はできない、細部まで気を使った職人仕事によるワイン造りを行っております。

除草剤や殺虫剤を使用しないブドウ栽培を目標にしております。

自社畑はオーナー権を引き継いでから、オーガニック農法に変換しております。

一般の農法より手間暇が必要とされますが、健康な土を作り上げ、そこで育ったブドウから美味しいワインを造ることにこだわっています。

「造り手の顔の見えるワイン」。そしてお客様に寄り添えるような「消費者に近い距離の生産者」というコンセプトを目指しています。

ラベルへの想いとして、ニュージーランド原産のシダの新芽にコル(KORU)というものがあります。これは「新しい始まり」「成長」「調和」などの象徴と言われ、ニュージーランド航空のロゴやアクセサリーのモチーフとして使われています。

初ヴィンテージをリリースする際、コルと日本の象徴でもある桜でワインのロゴを作りたいと思い、ニュージーランドと日本を繋ぐこと、そしてキムラ・セラーズの出発と発展の願いをラベルに込められています。

【木村氏が新たに挑戦した、ニュージーランドワインの魅力がたくさん詰まった限定ワイン!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★キムラ・セラーズ マールボロ・シャルドネ 2020 5,060(税込)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000024322

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【エレガンスで複雑な味わい。上質でシルキーなタンニンと素晴らしい食感のバランスが取れたピノ・ノワール】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★キムラ・セラーズ マールボロ・ピノ・ノワール 2017 6,050(税込)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000017695

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家族経営で少量生産のワイナリーですので、入荷も僅か12本だけとなりました。

木村ご夫妻の新しいワインをぜひ、お試しください!

それでは!