★本日発売開始!人気シャンパーニュのジャクソン・キュヴェ#744!ドサージュはなんと0.75g/L!

こんばんは、フランスワイン担当の堺です。

本日ご紹介するワインは本日61日に世界同時リリースとなるジャクソン・キュヴェ♯744

人気シャンパーニュ・メゾン ジャクソン から人気の♯700シリーズの新作が登場です。

1622536639-picsay.jpg

キュヴェ♯7442016年に収穫された原酒がベース・ワインとなっており、

"ピノ・ノワールの傑作年"

"驚異的なポテンシャルを感じさせる700番シリーズ最高の出来"

シャンパーニュの権威であるアルベルト・ルペッティ氏も大絶賛。

試飲した際も抜栓から徐々に広がっていく味わいと、ミネラルを感じさせる旨味は素晴らしいポテンシャルを感じさせました。

長い時間をかけて楽しみたい逸品です。

あまり聞かない0.75g/Lのドサージュ(補糖)という点もユニークですし、辛口過ぎない清らかな美しさがあります。

ぜひシャンパーニュ・ファンの方はご注目ください!

2016年ベース!ジャクソンの700番シリーズでも高い評価を得た呼び声高い ♯744

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ジャクソン キュヴェ #744 12,100(税込)

https://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000024433

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

常に革新的なシャンパーニュ造りをモットーにしており、シャンパーニュの歴史上、また技術の改良に欠かす事は出来ない大手メゾン。

「皇帝ナポレオンの結婚式で使用」

「シャンパン・ミュズレやキャップシールの生みの親」

Krugの生みの親、ジョセフ・クリュッグの修業したメゾン」

などなど華々しいキャリアが実に多く、シャンパーニュ・ファンの間でも人気の蔵元。

1798年創業のジャクソンは現在シケ兄弟(ジャン・エルヴェ・シケ氏が代表。

醸造責任者はローラン・シケ氏)が当主となり、現在ではジャック・セロスやエグリ・ウーリエとも肩を並べる程の高い評価を受け創業は220年を超えます。

今回ご紹介するキュヴェ#700シリーズは1988年にシケ氏がオーナーとなり、毎年最上のキュヴェを生み出すことをモットーにした銘柄であり、2004年にキュヴェ#728 (2000年原酒主体)をリリース。

キュヴェ♯700シリーズは番号を振ってあるため、そのワインがいつのヴィンテージ主体かが分かる面白さが人気で、この744番は2016年が主体です。

2016年は霜害が4月後半に見られましたが、春が終わるころには気温が低いながらも日照には恵まれ、夏は乾燥し、とても暑かったとのこと。収穫は919日から始まり、ブドウの熟度を区画ごとに見定め収穫を断続的に進め、106日まで行いました。

ブドウは健全に育ちとりわけピノ・ノワールが素晴らしい出来栄えと蔵元は語ります。

750mlは244,350本、ドサージュは0.75g/L

去年リリースされた♯743は初のノン・ドサージュでしたが今回はごく少量のドサージュを行いました。

先日試飲した際も最初は冷えすぎていて、閉じたニュアンスを感じさせましたが、温度が少し上がっていくと徐々に味わいは開いていき、フレッシュ美しいミネラルと野イチゴ、リンゴのフルーティーなアロマの後にブリオッシュの香りがふわっと香ります。

デゴルジュマンは202010月とボトル裏に表記があります。

気になるドサージュですが、全くドサージュしていないシャンパーニュより、親しみやすく膨らみがあり、綺麗な果実味を感じました。

温度は上級なシャブリやソーヴィニョン・ブランを楽しむくらいがオススメです。

フルートグラスよりもリーデル社のリースリングやシャルドネ・グラスに注いで頂けるとより楽しめる上質なシャンパーニュだと思います。

少し汗ばむ季節になってきた今、最高に美味しく頂けるのではないでしょうか?

本日発売した老舗メゾンの高い評価を得たジャクソン・キュヴェ♯744をお見逃しなく!

2016年ベース!ジャクソンの700番シリーズでも高い評価を得た呼び声高い ♯744

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ジャクソン キュヴェ #744 12,100(税込)

https://www.partywine.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000024433

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━