★オーストラリア「ピノ・ノワールの最高峰」の一つ「バス・フィリップ」!数量限定で大放出します!

 いつもご来店、ご利用いただきましてありがとうございます、オーストラリアワイン担当の藤澤です。

いよいよ暖かくなり始め、スパークリングや白ワインが飲みたくなるこの季節。

でも赤ワインも飲みたいなーなんて思うと飲みたくなるのがピノ・ノワール。

ピノ・ノワールの銘醸地といえばやはりブルゴーニュですが、今、オーストラリアで最もピノ・ノワールの生産者で注目されているのが、「バス・フィリップ・ワインズ」ではないでしょうか!

1624072122-picsay.jpg

オーストラリアでもピノ・ノワールを使った高品質のワインを造る生産者はたくさん存在しますが、バス・フィリップ・ワインズはオーストラリアでも最高峰。

さらに2020年より、ブルゴーニュの神様と言われたアンリ・ジャイエ氏の影響を受けたドメーヌ・フーリエの「ジャン・マリー氏」が、このバス・フィリップ・ワインズのチーフ・ワインメーカーに就任する事となりました。

今回ご紹介させていただくワインは、当主である「フィリップ・ジョーンズ氏」が造ったバック・ヴィンテージ。

彼もまたアンリ・ジャイエ氏の影響を受けた1人です。

【バス・フィリップ唯一の絶品シャルドネ!垂直で2016年~2018年があります♪】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バス・フィリップ エステート・シャルドネ 2016 9,350円(税込み)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000023545

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バス・フィリップ エステート・シャルドネ 2017 9,350円(税込み)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000023546

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バス・フィリップ エステート・シャルドネ 2018 9,350円(税込み)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000023547

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 良作年のみプレミアム・キュヴェも生産されますが、通常はこのエステート・ワインとしてリリースされています。

リオンガサ・ヴィンヤードのシャルドネを用い、新樽を約20%使用し、数年間一貫したスタイルで造られている白ワイン。

想像よりも爽やかさがあり、非常に綺麗な酸を持ち、複雑かつ満開に広がる果実味と旨味が魅了するワインに仕上がっています。

今回エステート・シャルドネは2016年~2018年までの3ヴィンテージがございますので、飲み比べてみても面白いと思います。

【バス・フィリップを知るにはこのワインから!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バス・フィリップ オールド・セラー・ピノ・ノワール 2018 6,600円(税込み)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000024477

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 2018年」が日本初入荷となる「オールド・セラー」。

地域全体の畑に若樹のブドウを中心にブレンドして造られるキュヴェです。

バス・フィリップのピノ・ノワールの中で、若いうちに飲むには最も魅力的なワインで、無ろ過・無清澄で瓶詰されています。

ストーンフルーツや大地を想わせる複雑な香り。丸みのある口当たりですがしっかりとした酸も感じられます。

【今からでも楽しめるオススメ!「エステート」よりも早くから美味しいピノ・ノワール!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バス・フィリップ クラウン・プリンス・ピノ・ノワール 2017 9,680円(税込み)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000024478

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バス・フィリップ クラウン・プリンス・ピノ・ノワール 2018 10,560円(税込み)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000024479

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • リオンガサ・ヴィンヤードに1996年に植樹されたブドウを使って造られています。

甘やかなプラムの香りと柔らかくバランスのとれた味わい。

土っぽいマッシュルームの風味、畑の個性である余韻の長さを常に表現しています。

「クラウン・プリンス」に関してはもう数年の熟成も良いとは思いますが、今飲んでも幸せを感じる素晴らしいポテンシャル。

様々なお料理と合わせやすい魅力があります。

こちらは2017年と2018年の2ヴィンテージございますので、気になる方は是非両方・・・。

【貴重なバック・ヴィンテージが新入荷!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バス・フィリップ ビン・17K・ピノ・ノワール 2017 14,850円(税込み)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000024481

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • こちらはワイナリーの裏庭の1ヘクタールの区画で「プレミアム」と「リザーヴ」用の区画から300メートル離れており17,000/haという超高密度で植えられている少量生産のキュヴェ。

2017年というとても涼しいヴィンテージらしく、何も考えずに飲むとヨーロッパのピノ・ノワールを連想してしまう・・・そんなワイン。

【冷涼な年のフィネスとエレガンスを兼ね備えたピノ・ノワール!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★バス・フィリップ エステート・ピノ・ノワール 2017 16,500円(税込み)

https://www.partywine.com/shopdetail/000000024480

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このワインは2017年ヴィンテージを例えるのに最高な仕上がりです。

豊かな果実、非常に香り高い香水感、十分な酸味とバランスのとれたタンニン、果実味に包まれたフィニッシュと余韻・・・。

すぐにでも楽しめる味わいですが、熟成により良くなることは間違いありません。

これまでの 2000年代の醸造された中でベストなエステート・ピノ!

35~38年の古木樹齢が大半のブドウで造り出すエステート・ピノ・ノワール。

芳醇さが十分に出ていると思います。

≪バス・フィリップ・ワインズについて≫>

フィリップ・ジョーンズ氏は、1970年代にピノ・ノワールに魅せられた唯1人のオーストラリアのワインメーカーです。

「シャトー・デュクリュ・ボーカイユ」に短い恋をし、ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエ氏の素晴らしいワインに魅了されたのがことの始まり。

その当時、彼の畑の大部分に植えられていたカベルネ種とメルロー種は全て抜き取られ、ピノ・ノワールに植え替えたのです。

それが彼の完璧主義者としての行動であり、これから始まる終わり無き戦いへの序章でした。

この小さな10エーカー程の土地に1979年にフィリップ・ジョーンズ氏によって設立されたワイナリーは、ブルゴーニュの偉大なドメーヌとそう違わないほどの名声を急速に得ています。

そんなフィリップ・ジョーンズ氏が少量生産でしかワインを造らないのは彼の細部にわたる情熱と言えます。

それぞれのブドウは手摘みで収穫され、選果を経てバス・フィリップとしての厳しい基準をクリアしなかった果実は全て除かれます。

バス・フィリップは1979年にオーストラリアの南東ギップスランド地域で高品質なピノ・ノワールとシャルドネを造り始め、オーガニック栽培は1993年から慣習化されビオディナミは2002年から取り組んでいます。

オーストラリアで15年以上に渡り最高峰のピノ・ノワールとして認められているバス・フィリップのワイン、複雑味や余韻の長さ、力強さと繊細さのバランス。

そして10年以上に及ぶ熟成のポテンシャルが現われるワインと称されている。

彼の醸造は至ってシンプルであり伝統的なマナーの元、低収量の葡萄畑、灌漑は行わずワイナリーでは最小限の人的介入によりワインにはテロワールが表れています。

現在オリジナルの畑3.5ヘクタールからは「リザーヴ」、「プレミアム」そして「エステート」のピノ・ノワールが醸造されており、主に葡萄畑には9000/haの葡萄が植えられており、比較すると一般的にオーストラリアでは2000/haに対しフランス(ブルゴーニュ)は10000/ha植えられています。

バス・フィリップのワインははっきりとした違いを表現し、若くても素晴らしい味わいですが、セラーで数年寝かせると素晴らしく良い熟成を現します。

現時点でも、絶大なる人気を誇る「バス・フィリップ」。

これから「ジャン・マリー・フーリエ氏」が加わることで、さらに人気も上がり入手困難となる事が予想されますので、今のうちにゲットしてください!

それでは!