★これは珍しい?ビオディナミの元祖フルーリーが仕込むピノ・ブラン100%のシャンパーニュ!3年以上の瓶内熟成を経た2011年と2012年です!

おはようございます、4歳になった子供が箸でお豆つかめるようになってました、店長の沼田です。

先日一緒にご飯を食べていたのですが「見てて~」とおもむろにお箸を持ち、枝豆をひょいっとつまんでパクリ。

『え?嘘・・・お箸使えるの?』しかも豆つまんでるし、うちの子、凄くね?なんて動画撮って親バカ発揮してました。

私と違って勉強好きな一面もあるので、このまま育っていって欲しいです、ね。


さてさて、今回紹介するのはシャンパーニュ地方で最も早くビオディナミ農法を取り入れた生産者フルーリーが仕込む「ピノ・ブラン100%」のシャンパーニュ!

フルーリー.jpg

2011年と2012年の2ヴィンテージがあり、どちらもデゴルジュマン後3年以上経過しております!

【フルーリーのピノ・ブラン100%のシャンパーニュ!2011年!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆フルーリー ノート・ブランシュ ブリュット・ナチュール 2011  13,200円(税込)
https://www.partywine.com/shopdetail/000000018768
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【フルーリーのピノ・ブラン100%のシャンパーニュ!2012年!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆フルーリー ノート・ブランシュ ブリュット・ナチュール 2012  13,200円(税込)
https://www.partywine.com/shopdetail/000000018767
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

造り手は1970年から有機栽培を開始し、1989年にはビオディナミの認証機関デメテール認証を受け、1992年から全ての畑をビオディナミ農法に転換した、ビオディナミ・シャンパーニュの元祖フルーリー。

これは2年ほど前、私が週末の有料試飲を行う為に仕入れてもらったヴィンテージ違いの2本で、ブドウはシャンパーニュ地方では珍しいピノ・ブラン100%で造られたシャンパーニュ。

樽発酵&樽熟成を施しており、程よい酸とギュッと詰まった果実が素晴らしい。

2011年は想像通り柔らかく、酸は穏やか、少し焼いたオレンジを感じさせる飲み頃のイメージ、2012年はまだまだ力強く酸もしっかり、少し青みのあるライム~レモンのイメージでした。

シャルドネとも、ピノ・ノワールとも、ムニエとも確かに違う、何だか不思議なシャンパーニュ。

このノート・ブランシュは亡き祖父が残してくれた大切なブドウ畑に植えられていたピノ・ブランを使用した1本であり、フルーリー拘りのシャンパーニュとの事。

当時は変人扱いされていたそうですが、造り続けていく内に評価も変わっていったそうです。

シャンパーニュ好きであれば一度は試してみたいアイテムなのではないでしょうか?

実際お店に仕入れたのが2019年の6月、デゴルジュマンが2011年は2017年、2012年が2018年ですので、どちらも3年以上瓶内熟成を経ております。

当時仕入れた際は想像よりフレッシュで優しい洋梨や青リンゴの風味がありましたが、今はもっとクッキーやウェハースのような香ばしさが出ている・・・はず。

店頭のテイスティングバーが再開したら(おそらく来週末10月8日(金)あたりからかな、と)、どこかのタイミングで出してみます!

あ、このシャンパーニュ、当時注文したのが私だけだったようで、ネットで探しても出てきません(笑)

そして残りも少ない・・・。

古代品種を含めたシャンパーニュ会をやる時には持っておきたい1本ですね。

それでは。


【フルーリーのピノ・ブラン100%のシャンパーニュ!2011年!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆フルーリー ノート・ブランシュ ブリュット・ナチュール 2011  13,200円(税込)
https://www.partywine.com/shopdetail/000000018768
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【フルーリーのピノ・ブラン100%のシャンパーニュ!2012年!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆フルーリー ノート・ブランシュ ブリュット・ナチュール 2012  13,200円(税込)
https://www.partywine.com/shopdetail/000000018767
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━