★日本への入荷は180本!テタンジェの『ドゥミ・セック』が販売開始!持ち寄りのシャンパーニュ会で使いたい!

 おはようございます、年末は体調を崩しやすい、店長の沼田です。
昨日一昨日とお休みを頂戴していたのですが、身体がズーーーーンと重く、久し振りの体調不良・・・。
ちょっと部屋の掃除しつつ、撮り溜めていたドラマを見ていたら、いつの間にか部屋に倒れ込んで寝ておりました。
元気で楽しいお正月にする為に、皆様も年末は忙しいと思いますが、身体にはお気をつけください。
さて、少し体調も回復してきたところで本題に!
実は半年前からリリースは決まっていたのですが、誰にも言えなかったテタンジェのキュヴェ、『ドゥミ・セック』が12月21日(火)から販売開始となりました!
テタンジェ ドゥミ・セック-MERUMAGAay.jpg
日本への入荷は僅か180本!テタンジェのちょっと甘いドゥミ・セックが入荷!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆テタンジェ・ドゥミ・セック N.V  11,000円 → 9,350円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
テタンジェ社は「シャンパーニュの貴婦人」とも呼ばれ、歴代のフランス大統領が主催するエリゼ宮での公式晩餐会にも選ばれる歴史と格式あるシャンパンハウス。
ノーベル賞の晩餐会では2014年から2019年まで、6年連続でテタンジェ社のシャンパーニュが提供されるなど、その高い品質が認められています。
【ノーベル賞 晩餐会用シャンパーニュ】
◆2014年:テタンジェ ブリュット レゼルヴ
◆2015年:テタンジェ ブリュット ミレジメ2008
◆2016年:テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ2006
◆2017年:テタンジェ ブリュット レゼルヴ
◆2018年:テタンジェ ブリュット ミレジメ2013
◆2019年:テタンジェ レ フォリ ド ラ マルケットリー
そんなテタンジェ社ですが、現地では造られていても、まだ日本には入っていなかったアイテムがありました。
それが、今回の『ドゥミ・セック』!
テタンジェ ドゥミ・セックMERUMAGA⓵.jpg
通常のブリュット・レゼルヴ、そしてセックのノクターン、今回のドゥミ・セックはほぼ兄弟との事で、ドザージュの量が変わってきます。
●ブリュット・レゼルヴ 9ℊ/L
●ノクターン セック 17.5g/L
●ドゥミ・セック 35g/L
テタンジェ ドザージュ-1.jpg
個人的に飲み比べてみましたが、セックだとそこまで強く甘味を感じません、辛口の延長線上という感じ。
ドゥミ・セックは軽く和三盆糖のような余韻が残り、少しだけ香ばしさも感じます。
ドザージュが多い事はわかりますが、泡を纏っているので、どちらも意外と落ち着いた雰囲気で、純粋に美味しい・・・。
少しレモンの風味のあるチーズケーキと合わせたら・・・最高でした!!
テタンジェ ドゥミ・セックMERUMAGA⓶.jpg
そう言えば、先日のJSAのブラインドコンテストで出ていたのはノクターンのセックでしたね。
まさかセックが出るとは・・・と、思いましたが、基本的に辛口のシャンパーニュを飲む事が多い現代、意外とわかり辛かったのかもしれません。
『甘い!』という印象で、イメージだけで毛嫌いされるセックやドゥミ・セック。
接客していてもなかなか売れないのですが、飲んでみると「あ~、ちょうどいい甘さ・・・これ、普通に美味しい!」というのが私の印象。
体感的に、このドザージュの量を感じる機会を作る事はソムリエとしてもとても大切だな、と、思います。
今一度知る事で、料理とのペアリングの幅が広がったり、苦手意識が薄まるかもしれませんね。
個人的には「甘いは正義」だと思っているので、これからもちゃんとオススメしていこうと思います。
シャンパーニュ好きの方も、新しい物好きの方も、しばらくドゥミ・セックのシャンパーニュなんて飲んでないなーというそこの貴方も、是非1本、試してみてはいかがでしょうか?
それでは。
【日本への入荷は僅か180本!テタンジェのちょっと甘いドゥミ・セックが入荷!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆テタンジェ・ドゥミ・セック N.V  11,000円 → 9,350円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【その他 テタンジェのアイテムはコチラから↓↓↓】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ワインマーケット・パーティー テタンジェ全商品
━━━━━━━━━━━━━━━━━