★毎日ピノ・ノワールが飲みたい貴方へ! 2,000円以下で買えるピノ・ノワール4選!フランス、オーストラリア、チリ、ルーマニアの赤はいかが?

おはようございます、一時休業の反響が大きい・・・、店長の沼田です。
5月16日~10月上旬までのリニューアル期間、一時休業となる訳ですが、様々なお客様からの声を頂戴しております。
ハード面の老朽化など、理由は色々とあるのですが、その内の一つとしては「姉妹店ラ・ヴィネやネットショップとのポイントなどの統合」。
とてもゴチャゴチャとしているので、今までのシステムではなく新しいシステムにしつつ、ポイントも移行して使えるようにできないか、なんて事を考えております。
が、そんなに簡単にはいかないらしく・・・全てのリニューアル含めて5ヶ月くらい・・・といった感じです。
先日も書きましたが、決して閉店ではなく「休業」なので、ネットショップを中心に運営していきます。
姉妹店ラ・ヴィネはそのまま営業いたしますので、どうぞよろしくお願い致します。
色々書きたいけど、確定していないのでまだ書けない・・・、決まったらまたお知らせします!
さて、先日は3,000円以下のピノ・ノワール、ご紹介させていただきましたが、今回は「2,000円以下」のピノ・ノワール!!
1645754960-picsay.jpg
どこまで期待するかはその人次第ですが、どれも良いレベル感だと思います♪
納得できる家飲みのピノ・ノワール、探してみてはいかがでしょうか?
【フランス、ラングドックのトップ、マス・ド・ドマ・ガサックが仕込むデイリーレンジ!】
━━━━━━━━━━━━━━
◆ムーラン・ド・ガサック  ピノ・ノワール  1,749円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━
●南仏、ラングドック地方のトップ生産者として知られるマス・ド・ドマ・ガサックのギベール家が造るデイリーレンジのワイン。
カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、シャルドネなども人気が高いのですが、フレッシュなピノ・ノワールもとても良い。
発酵も熟成もステンレスタンクで行われている為、開けたては少し大人しいかなぁ・・・と思いますが、飲み進めていく内に木苺などのピノ・ノワールらしい風味が出てきます。
家飲みで、気軽な焼き鳥と梅肉で夕方から飲みたい1本です!
【オーストラリアで造られるピノ♪全房30%、クローンにも拘った樽熟成赤ワイン!】
━━━━━━━━━━━━━━
◆サイドウッド  ステイブルメイト ピノ・ノワール   1,650円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━
●店頭では2本で3,300円の棚で販売しているオーストラリアのピノ・ノワール♪
デレード・ヒルズの自社畑の「オークバンク・ヴィンヤード」で育ったブドウは、オーバリン、777、MV6、エイベルクローンのブレンド。
ブドウは冷蔵室で24時間冷却、クローンごとに分けて天然酵母で発酵。フレンチ樽で10ヶ月間熟成させて拘りの1本。
ニューワールドらしい果実感とハーブや笹の葉のような香りが漂うピノ・ノワール♪
【エコセール、ヴィーガン認証も取得しているチリのピノ・ノワール!】
━━━━━━━━━━━━━━
◆エミリアーナ エコ・バランス ピノ・ノワール ヴァレ・デル・ビオビオ  1,210円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━
●有機栽培やバイオダイナミック農法を実践し、チリ国内で最大の有機認証の畑を持つ造り手。
エコ・バランスシリーズは『地球にやさしく、環境の保全・維持』をコンセプトに造られたハイ・コストパフォーマンスのワイン!
この価格帯のピノ・ノワールでありながら、20%はフレンチオークを用いて6 ヶ月熟成されており、木苺に梅、フワっと香るスミレや苺の風味が心地良い。
コストパフォーマンス抜群とはこの事・・・と思わせてくれる1本。
【リアルワインガイドで旨安ワイン大賞も受賞したルーマニアのピノ・ノワール!】
━━━━━━━━━━━━━━
◆ドメーニレ・サハティーニ ラ・ヴィ ピノ・ノワール  1,529円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━
●2003年に女性醸造家のアウレリア・ヴィシネスク氏によって創業されたルーマニアのワイナリー。
ワイナリーと畑はムンテニア地方のデアル・マーレ地域の中央にあるミジル(Mizil)村近郊にあり、この土地はローヌ地方と同緯度、ブルゴーニュ地方と気候が近いという産地。
2018年のリアルワインガイド旨安ワイン大賞受賞&表紙に掲載された安くて美味しいピノ・ノワールです!
1度飲むと「しばらくこれでいいかな」と思うらしく、店頭に置いておくと知らない間に棚から無くなっている、そんなピノ・ノワール!
上記4種類、お薦めさせていただきます。
先日ご紹介した3,000円以下のピノ・ノワールもお陰様でそこそこ売れております・・・が・・・ピノ・ノワール好きはとても拘りが強い方が多いので若干心配・・・。
今回は1,000円台で買える家飲み用のピノ・ノワール、皆様のワインライフを少しでも明るくできたら幸いです。
それと、1,000円台では無かったのでここには載せませんでしたが、あのチリの「コノスル社」が仕込む、冷やして美味しいピノ・ノワールも記載しておきます♪
1645945876-picsay.jpg
【チリのトップワイナリーが仕込んだ、冷やしても、冷やさなくても美味しいピノ・ノワール!】
━━━━━━━━━━━━━━
◆コノスル ピノ・ノワール ビシクレタ クールレッド  968円(税込)
━━━━━━━━━━━━━━
●クールレッドという名前が付いておりますが、個人的には常温でも果実味が豊かに広がり、美味しく感じる1本。
今の時期なら常温で、夏に近くなったら冷やして、という形でも良いと思います。
相変わらずコストパフォーマンスはチリが最強説、ピノ・ノワールの勉強用にも良いと思いますので、気になる方は是非どうぞ。
それでは。